CSRトップページ
藤倉学園
組織統治
公正な事業慣行
環境
消費者課題
人権、労働慣行
コミュニティ参画・発展
CSR報告書
CSR報告書(HTML)
グループ各社のCSR活動の紹介

CSR

CSR報告書

フジクラグループCSR報告書2013

※4~9はISO26000の中核主題による分類を使用しています。

フジクラグループ 「CSR報告書2013」アンケート

【創業の記念樹】

1881年、創業者・藤倉善八は相次ぐ事業の失敗から新規蒔き直しをかけて神田淡路町に転居しました。その住居は由緒ある賀来神社(かくじんじゃ)の境内の横にありました。藤倉善八は、当時ご神木とされていた境内にある珊瑚樹を朝な夕な大切にお世話をしました。そのためか事業はトントン拍子に成功し1885年から始めた電線事業も日に日に隆盛となりました。藤倉善八が亡くなったあと、社員達は生きた「創業の記念物」としてこの珊瑚樹を貰い受け、社員の手で今日まで大切にしてきました。その間、関東大震災(1923年)、東京大空襲(1945年)と2回の火災に遭い焼けましたがそのたびに焼けた樹の根っこから新しい芽を吹き樹は蘇りました。それは工場の再建に奔走する社員の心の大きな支えとなりました。
珊瑚樹