株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. ケーブル・機器
R&D
ケーブル・機器

ケーブル・機器

メタルケーブルでエネルギー、情報伝送システム構築に貢献し続ける

 私たちの生活を支えている電気は、その多くがエネルギーと情報に使用されています。この電気をエネルギーや情報として私たちへ届ける伝送路として使用されるメタルケーブルおよび機器を開発しています。それらは、社会の産業構造の高度化や情報化によりさまざまな要求性能が求められ、また近年地球環境問題より資源の有効活用や廃棄物処理時の環境負荷低減の重要性も強く認識されるようになりました。そこで私たちは、環境にやさしい、エネルギー伝送効率の良い、軽量コンパクト化なメタルケーブルシステムの開発を進めています。これからの社会では、産業構造の変化、地球環境とエネルギー問題の両立が必要となります。それらに応えるべく、エネルギー・情報伝送路の研究開発を進めます。

光ケーブルシステム

一本の光ファイバで多数の光波長信号を伝える波長多重伝送技術が進展し、最近では任意波長切替えによる光ファイバの柔軟な運用(ROADM)が普及しつつあります。その主要光部品が波長選択スイッチ(WSS = Wavelength Selective Switch)製品です。弊社は米Nistica社と提携し、高度な自由空間光学設計・機構設計技術を駆使し、多機能・高信頼性のWSS製品を開発・製造・販売しております。

WSS製品の機能概念図

WSS製品筐体外観例

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP