株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 光通信
R&D
光通信

光通信

ファイバグレーティング

ファイバグレーティング(FBG)は、光ファイバのコア部に周期的な屈折率変化を形成したものです。光ファイバのコア部(Ge添加石英ガラス)に紫外線を照射すると屈折率が上昇する現象を利用して、周期的な屈折率変化を作製しています。
FBGに光を入射すると、屈折率変化の周期に対応した波長の光のみが影響(反射あるいは光ファイバ外への放射)を受けます。この性質により、光ファイバ自身にフィルタ機能を持たせることが出来ます。これまで光通信システムへの応用を中心として開発/製品化をしてきました。さらに、現在はセンシング用途など他分野への応用研究も行っています。

ファイバグレーティング作製風景 ファイバグレーティングの動作

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP