株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 電子材料・部品
R&D
電子材料・部品

電子材料・部品

ハイテク技術を手のひらに

マイクロエレクトロニクス化の波が、あらゆる身近な装置や電子機器に押し寄せています。急激な技術革新のなかで、開発から実用化へのスピードはますます拍車が掛かり、ハイテク技術は手のひらサイズの製品となって次々に実用化されています。当社は、開発、試作から量産まで、多彩な配線材料開発の歴史を積み重ねてきました。
ハイテク時代の電子部品を、ユーザーニーズに応じたシステム商品として供給する。
これが、総合配線システムクリエイター、フジクラの電子部品開発のポリシーです。

極細同軸ケーブルアセンブリ


極細同軸ケーブルは、耐ノイズ性、GHz帯域での良好な伝送特性と高い屈曲特性を有し、細径かつ柔軟であることから、携帯電話等の小型電子機器の開閉や回転構造部の配線材として広く使われています。
当社ではこれに加え、スライド式開閉機器のニーズに適したフラット型極細同軸ケーブルアセンブリを開発しました。
3本から5本の極細同軸ケーブルを耐摩耗性、加工性に優れた樹脂で被覆したリボンケーブルを開発し、これらを縦に配列、コネクタ等に接続することで配線組み込み高さを1~1.5mmに抑えています。また、ケーブルの屈曲方向の曲げ半径を大きくとり、20万回以上のスライド屈曲特性を実現しています。
スライド式開閉構造で従来使用されてきたシート状配線材は、配線組み込み高さとして2~3mmを必要としているため、今後のさらなる機器の薄型化には当社のフラット型極細同軸ケーブルアセンブリが最適といえます。

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP