CSRトップページ
CSR報告書(HTML)
トップメッセージ
特集
経営パフォーマンス
環境パフォーマンス
社会パフォーマンス
事業所・グループ会社のCSR活動
第三者意見、ご意見を受けて

CSR

CSR報告書

フジクラグループCSR報告書2011
経営パフォーマンス

2010年度業績・事業紹介

会社概要

商号 株式会社フジクラ
創業 1885(明治18)年
設立 1910(明治43)年
資本金 530億円(2011年3月31日現在)
売上高 連結5,218億円(2010年度)
取締役社長 長浜洋一
本社 〒135-8512 東京都江東区木場1-5-1
事業所 佐倉、鈴鹿、沼津、石岡
研究所 東京、佐倉、シンガポール、タイ
支店/営業所 大阪、名古屋、福岡、広島、仙台、札幌、富山、高松/沼津
海外事業所 アメリカ、イギリス、シンガポール、マレーシア、タイ、中国、ベトナム、インド、ロシア他
従業員 連結53,289名(2011年3月31日現在)
事業内容 光ファイバケーブル、光伝送システム、通信システム、電子材料、自動車電装品、
電力システム、被覆線、マグネットワイヤ、金属材料

2010年度業績

為替の影響を大きく受け、減益

2010年度のわが国経済は、中国など新興国の経済成長と欧米での景気回復が続いたことで持ち直しの動きが見られましたが、一方で円高の進行や原油価格の上昇などもあり、全体としては回復感に乏しい状況となりました。

このような状況のもと、当社グループの売上高は、前年度比3.6%増の5,218億円となりました。利益面では、電子電装事業及びケーブル・機器関連事業での減少を情報通信事業及び不動産事業で補いましたが、為替の影響を大きく受け、営業利益は前年度比5.8%減の168億円となりました。

情報通信事業においては、光部品及び光融着接続機を中心に増加し、円高による影響がありながら増収増益となりました。電子電装事業においては、自動車電装分野で中国に加えヨーロッパ市場が好調であったため増収となりましたが、電子分野のFPC(フレキシブルプリント配線板)が大幅に減少したこと及び為替の影響も大きく、全体では減収減益となりました。ケーブル・機器関連事業においては、銅価格が上昇したことにより増収となりましたが、市場の競争激化により採算は悪化しました。不動産事業では、深川ギャザリアの完成により増収増益となりました。

売上高の推移(連結)

営業利益の推移(連結)

当期純利益の推移(連結)

総資産額の推移(連結)

従業員数の推移(連結)

セグメント別売上高(連結)

設備投資

当社グループ(当社及び連結子会社)では「成長分野への経営資源の集中」、「ものづくり体質の強化」の基本戦略のもと、345億円の設備投資(有形及び無形固定資産受入ベース数値)を実施しました。

2010年度設備投資額
情報通信事業 56億円 中国における光ファイバの需要が好調のため、光ファイバ母材の製造設備等
電子電装事業 102億円 高難度・高付加価値のFPC製品の受注拡大に向けて、製造設備の改良等
ケーブル・機器関連事業 21億円 メタルケーブル関連製造設備の整備等
その他 33億円 深川地区再開発事業「深川ギャザリア」等
合計 212億円

研究・開発

クラウド・コミュニケーション技術が築くエコ社会

インターネットに牽引される情報化社会を支える基盤技術として、光ファイバによる情報伝送が広く普及してきています。
当社は、広帯域のネットワークインフラを作るための、光ファイバ、光部品、光伝送装置という分野で長年活動を行ってきています。そして、21世紀のクラウド社会をささえるために、私たちは情報とエネルギーの両面からのエコソリューションであるクラウド・コミュニケーション製品を幅広く提案していきます。

クラウドで結ばれるコンピュータと情報

情報通信の幹線網は10Gbit/s、40Gbit/s、100Gbit/sと年々高速化が進んでいます。それと同時に、私たちの身の回りのコンピュータが発生する通信量は飛躍的に増加してきています。地球の半径が縮まったと例えられるように、私たちはネットワークを通じて世界へ情報発信・収集を「雲」に例えられるクラウドネットワークを経由して行なっています。この中心となるものがデータセンターであり、サーバーです。今この領域に光技術の投入が積極的に行われており、私たちの知らないうちにコンピュータやルータは高速な光伝送技術で結ばれる時代となってきました。また、光技術による省電力化が低炭素社会からも強く望まれています。当社のクラウドコミュニケーション製品は、より沢山の情報を、より速く、より低消費電力で、エネルギーロスが無い“つなぐ”テクノロジーなのです。

高精細なカメラ映像を、電気ノイズが多い環境で長距離伝送できる「光カメラリンク」インターフェースは従来と同じ電気信号に合わせ、実際の信号は光に変換され伝送されます。光による信号バイパスを行うAOC(Active Optical Cable) です。

光カメラリンク(AOC)

電気ケーブルではなし得なかった長距離の映像伝送を可能とした光HDMIは数十メートルの距離を高精細映像を伝送する用途で使われています。

光HDMI(AOC)

研究所

光電子技術研究所/光電子回路開発センター(千葉/佐倉)

光電子技術研究所/光電子回路開発センター
(千葉/佐倉)

環境・エネルギー研究所/電子デバイス研究所(千葉/佐倉)

環境・エネルギー研究所/電子デバイス研究所
(千葉/佐倉)

光ケーブルシステム開発センター(千葉/佐倉)

光ケーブルシステム開発センター
(千葉/佐倉)

電子電装開発センター(千葉/佐倉)

電子電装開発センター
(千葉/佐倉)

ケーブル・機器開発センター(千葉/佐倉、三重/鈴鹿)

ケーブル・機器開発センター
(千葉/佐倉、三重/鈴鹿)