株式会社フジクラ

  1. Home
  2. CSR
  3. フジクラグループCSR

CSR

フジクラグループのCSR

フジクラグループCSR

CSRの考え方と取り組み

 当社グループは、経営理念MVCV「フジクラグループは“つなぐ”テクノロジーを通じ顧客の価値創造と社会に貢献する」をCSR活動の基軸とし、事業活動を進める上で重要な柱の一つであると捉えて積極的に取り組んでいます。

「ISO26000」をベースとしたCSR活動

フジクラグループは、社会的責任の国際規格であるISO26000をCSR活動のベースとし、社会から信頼を得るためCSR活動を進めています。

CSR活動のベース

CSR活動のベース

フジクラグループのCSR理念、基本方針、活動指針

 当社グループは、CSR活動を2009年4月よりスタートしました。そのスタートにあわせて、「フジクラグループCSR理念」、「フジクラグループCSR基本方針」、「フジクラグループCSR活動指針」を制定しました。CSR基本方針の制定時には「4つの重点分野」(マテリアリティ)を決定しています。

フジクラグループCSR理念

 フジクラグループが果たすべき企業の社会的責任とは、フジクラグループの経営理念MVCVに基づき、「持続可能な企業経営」のために必要とされる活動と「持続可能な社会」の構築に役立つ活動から成立っていると考えています。

フジクラグループCSR基本方針

 フジクラグループは、「社会」から成長・発展を望まれ、期待される企業となるため、“つなぐ”テクノロジーを通じて、人、社会、地球環境の豊かな未来への架け橋となることを目指します。そのために私たちは、企業活動のあらゆる面において社会的責任を果すために4つの重点分野を定め、各国・各地域の法令・国際的なルールとその精神を遵守すると共に、社員一人ひとりが「社会」の一員として自分達の役割を自覚し、社会的良識をもって行動します。

・誠実な企業活動   ・環境への配慮   ・人間の尊重   ・社会との調和

フジクラグループCSR活動指針

フジクラグループのCSR推進体制

 当社グループのCSRマネジメント推進体制は、「フジクラグループCSR委員会」およびその下部組織であるCSR委員会ワーキングチームを中心に4つの社内カンパニー制の下で事業拠点、販売拠点、国内・海外グループ会社が国や地域のコミュニティと連携してCSR活動を進めています。

フジクラグループのCSR推進体制

CSRマネジメント体制図

CSRマネジメント体制図

組織の機能

フジクラグループCSR委員会の機能

フジクラグループCSR委員会ワーキングチームの機能

2016年度の取り組み

フジクラグループCSR委員会

主な議論内容:
・有識者による最新のCSR研修
・CSR重点方策の中から環境・社会・ガバナンス側面の6テーマに関する実績と評価、主な活動事例報告 など

フジクラグループCSR委員会ワーキングチーム

 主な内容:
 CSR統合報告書編集方針、CSR活動計画立案、最新のCSR情報共有、各部CSR活動実績報告・評価、社会貢献活動報告 など

PAGE TOP