株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究開発
  3. 研究開発体制

R&D

研究開発体制

研究開発体制

戦略センター 電子応用技術R&Dセンター 超電導事業推進室 光応用技術R&Dセンター メディカル事業推進センタ アドバンスト・リサーチ・コア Fujikura Technology Europe GmbH 基盤技術センター 生産技術開発センター システム部

戦略センター

戦略センター

ナノテクノロジー、高度センシング技術、人工知能をキーワードに、先端基礎技術開発から製品開発まで広く行うセンターです。フジクラが得意としてきた「ものづくり」のその先を目指し、「もの」にとどまらず最先端のデジタル技術、ソフトウエア技術を取り込んだソリューション開発を目指します。また開発は、ドイツの研究開発子会社や米国のコラボレーション研究組織など社外パートナーと積極的に連携する、新しい形で推進していきます。

所在地

戦略センター
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎1440

光応用技術R&Dセンター

光応用技術R&Dセンター

光応用技術R&Dセンターでは、通信用光ファイバで培った幅広い光関連技術を応用し、様々な新技術を研究開発しています。光通信ネットワークが運ぶ情報量は驚異的なスピードで増加し続けおり、光ファイバには高速大容量通信に対応する多重化、高密度化が求められています。当社では1本の光ファイバに複数のコアを有するマルチコアファイバの設計・製造技術を有しており、その実用化に向けた検討を推進しています。
また、光技術を応用した高出力ファイバレーザやファイバセンサなど、情報通信分野以外も見据えた研究開発を進めています。
(注)写真は、マルチコア光ファイバの例

研究分野

所在地

光応用技術R&Dセンター
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎1440

電子応用技術R&Dセンター

電子応用技術R&Dセンター

電子応用技術R&Dセンターでは、情報通信分野の新技術の研究開発をしています 。第 5 世代移動通信 5G に向 けた 28GHz 帯ミリ波通信モジュール( PAAM=Phased Array Antenna Module )や、モビリティー通信(自動車、列車などの移動体)をターゲットにした 60GHz 帯通信モジュールの開発を行っております。自社で開発したミリ波帯高周波 IC を搭載することにより、精度の高いビームフォーミング、高出力、高効率などの特徴を備えています。
(写真は、ミリ波通信モジュールの試験装置)

研究分野

所在地

電子応用技術R&Dセンター
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎1440

メディカル事業推進センター

メディカル事業推進センター

メディカル事業推進センターでは人々の健康維持とQOL を向上すべく医療機器用の機能部品開発・製造を行っています。これまで医療機器メーカに対して内視鏡で画像を取得する為のイメージファイバを提供してきました。今後は光技術を更に応用し、イメージングの分野に新たな提案をして参ります。これに加え、単回使用内視鏡向け極細径 CMOS カメラモジュールの量産出荷を開始致しました。内視鏡を単回使用とする事で感染症予防が期待されます。また、超小型の特徴を活かした部品内蔵基板 WABE Wafer And Board level device Embedded はペースメーカ等のインプラント機器や補聴器等のウェアラブル製品の小型化に貢献しています。
(注)内視鏡用極細径CMOS カメラモジュール

研究分野

所在地

メディカル事業推進センター
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎 1440

超電導事業推進室

超電導事業推進室

超電導事業推進室では世界トップメーカーとしてレアアース系高温超電導線材の開発・製造を行っています。従来の超電導装置は冷却に液体ヘリウム(摂氏マイナス269度)を用いる金属系低温超電導線材が使われていますが、当社が開発・製造を行っているレアアース系高温超電導線材は液体ヘリウムを使用しない次世代の超電導機器として早期の実用化が期待されています。
当社は1987年に高温超電導材料が発見されて以来、精力的にレアアース系高温超電導線材の開発を進め、世界トップレベルの性能を実現して参りました。現在、更なる量産製造技術開発を進めており、当社は今後もレアアース系高温超電導線材および応用製品の提供により低炭素社会の実現に向けた活動を進めて参ります。
(写真:レアアース系高温超電導線材)

研究分野

所在地

超電導事業推進室
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎 1440

アドバンスト・リサーチ・コア

アドバンスト・リサーチ・コア

20年先の社会を想像し10年先の技術を創ること、そしてそれを実現するため、遠く広く社会を見る目をもち創造力豊かな人材を育成することを目指しています。研究の進め方においては、変化の早い時代にスピード感をもって取り組むため、世界中の研究機関との目標を一にしたコラボレーションを基本に進めています。また技術者が「新しいものを作り、世の中を豊かにする」という本分に集中できる自由なワークスタイルを整えています。当社の資源を活用しながらも、次の時代に向けて新しい技術を新しい方法で生み出すチャレンジをしています。

研究分野

所在地

アドバンスト・リサーチ・コア
所在地
〒135-8512 東京都江東区木場1-5-1

Fujikura Technology Europe GmbH

Fujikura Technology Europe GmbH

既存の業界を超えたマーケティングと革新的なソリューションの開発を目的として、2018年にドイツのフランクフルトに設立された新事業・研究開発部門の子会社です。創業以来、ソフトウェア、人工知能、レーダー技術、センサー技術の分野に注力し、常に顧客の価値創造につながる新規開発に取り組んでいます。2020年には更にスイスとトルコにそれぞれエンジニアリング専門子会社を設立し、グローバルフジクラの一員として、欧州での研究開発をより一層活発化しています。

所在地

Fujikura Technology Europe GmbH
所在地
The Squaire 12 D–60549 Frankfurt am Main Germany

基盤技術センター

基盤技術センター

基盤技術センターは、フジクラの事業推進と新事業創生を継続的に支えることをミッションとして、2つの役割を有しています。その一つは、「フジクラ各開発部門に共通する技術、その中でもとくに材料技術を深耕する」という役割で、ものづくりを支える有望な技術の獲得および活用に取り組んでいます。もう一つは、「フジクラ各部門の知的財産活動をリードする」という役割で、知的財産の保護と活用に取り組んでいます。フジクラが保有する特許権、意匠権、商標権等の知的財産権の無断使用に対しては法律に基づいた対応をとるとともに、第三者の知的財産権に対して十分に尊重する活動を推進しています。

研究分野

所在地

基盤技術センター
所在地
〒285-8550 千葉県佐倉市六崎1440

システム部

システム部

先進的なIT技術を駆使してものづくりの生産性を飛躍的に向上することを目指しています。AIやIoTの技術を生かしながら、ものづくりの情報を収集、分析、最適化するサイクルを回す、スマート工場化に向けた活動を進めています。無人化・省人化、品質管理、設備保全など個々の工程管理から、生産/実績管理・在庫管理・調達管理など工場運営に至るまで、ものづくり全体の最適化を行っていきます。
工程管理として、AIによる検査システムは世の中に先駆けていち早く実ラインに導入を果たし、無人化し、人によらない安定した品質検査を継続しています。今後も、検査はもちろん、異常の予測など、多様な分野へのAIの適用を目指しています。

研究分野

所在地

システム部
所在地
〒135-8512 東京都江東区木場1-5-1

生産技術開発センター

生産技術開発センター

当社の幅広い分野に及ぶ製品のものづくりのため、生産設備に関わる技術開発や、工場保全などを担うのが設備統括センターです。生産性の高い生産設備の導入や設備改善、設備保全の質を高め工場の安定稼働を実現することに加え、未来のものづくりを見据えた自動組立・検査技術、人手をかけずに工程を円滑に運用可能にするIoT技術を応用した工程運用・監視システムの開発も行っています。また海外工場の保全員の育成や自動機の導入、高度なものづくりに必要な精密金型の開発、製造も担っています。

近年、コンピュータシミュレーションによるCAE(Computer Aided Engineering)は技術分野を問わず、製品開発および技術開発の高度化、効率化に必要不可欠なものとなっています。
製品基盤技術開発室では各種CAEの技術開発を行い、CAEをベースにした設計によりR&Dセンターの新規開発品を創出するとともに、各種加工においてもCAEを適用することで新たな加工技術の開発を推進しています。

研究分野

所在地

生産技術開発センター
所在地
〒135-8512 東京都江東区木場1-5-1

PAGE TOP