株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. ミリ波
R&D
ミリ波

ミリ波

 動画配信やVR/ARを活用した各種アプリケーションを高品質に提供するため、第5世代移動通信システム(5G)の導入が進んでいます。5Gはモバイルネットワークを一層高速・大容量化するほか、高信頼・超低遅延通信や多数同時接続を可能にします。これらの特徴により、日常生活における利便性の向上はもちろんのこと、産業や社会の効率化など、新たな付加価値を創出するインフラとなっています。
 高速・大容量化や低遅延通信を実現する技術として、5Gでは新たにミリ波(概ね30GHz以上の電波)が導入されました。ミリ波は極めて広い帯域幅を有し、画期的な高速通信等を実現できますが、従来一般に用いられているマイクロ波(数GHz以下)に比較して、様々な要因によって減衰、劣化しやすいため、通信機器に使用する各種デバイスの材料や設計・製造には、これまでとは全く異なる発想と、高度な技術が必要です。当社は、ミリ波帯通信デバイスの高性能化、低コスト化に向けた研究開発を進めています。60GHz帯でフェーズド・アレイ・アンテナと信号処理部を統合したフェーズド・アレイ型ミリ波無線通信モジュールを開発し、世界トップクラスの通信スピード(>1Gbps)と長距離伝送(>500m)を同時に実現(当社実験環境における実力値の例であり、周囲の環境により異なります)したほか、28GHz帯でも高周波(RF)ICや、RF-ICを搭載するフェーズド・アレイ・アンテナ・モジュールFutureAccess™を開発し、5G基地局への適用を目指しています。またバンドパスフィルタなど、ミリ波帯の低損失・高機能デバイスの開発も進めており、新世代のミリ波通信デバイスをトータルにサポートします。

60GHz帯フェーズド・アレイ型ミリ波無線通信モジュール

28GHz帯フェーズド・アレイ・アンテナ・モジュールFutureAccess™

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP