株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 光コネクタ
R&D
光コネクタ

光コネクタ

光コネクタは、光ファイバ同士を精密に軸合わせし、端面を近接または接触させて、低損失・高信頼の繰返し接続を実現する製品です。光コネクタは、単心ファイバ接続及び多心一括接続(図1)へ適用され、それぞれに複数の接続方式があります。フジクラは、各接続方式におけるコア技術を有し、お客様の用途に応じた多様なソリューションを提供しています。PC接続は光ファイバ端面同士を物理的に接触する方式であり、フジクラは高精度研磨技術や精密樹脂成型技術等により、光コネクタの低損失化・多心化を進展させてきました。PC接続に加え、屈折率整合材や融着機による接続を組み合わせた、現場組立型光コネクタ(図2)ソリューションも提供しています。また、近年HSDCにおけるデータトラフィック量の増大に伴う光コネクタや光配線ソリューションの高密度化が注目されている。フジクラはその解決策として小型高密度のキーコンポーネントであるMMCフェルール・コネクタ(図3)および配線ソリューションをこれらの新分野へ展開しています。加えて、現在80umクラッドファイバ対応製品を開発中でさらなる小型高密度化を実現していきます。また、更なる高密度化を実現可能な、1本のファイバに複数の信号の経路であるコアを複数有するマルチコアファイバをアセンブルした多心光コネクタである、MCF-MPOコネクタ(図4)の開発にも取り組んでいます。

図1:単心ファイバ及び多心一括 光コネクタ

図2:現場組立コネクタの例(左:融着型MPOコネクタ、右:屈折率整合型単心コネクタ)

図3:MMC vs MPOコネクタ比較

図4:マルチコアファイバ(左)とMCF-MPOコネクタ(右)

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP