株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 光ファイバ
R&D
光ファイバ

光ファイバ

 AIやIoT(Internet of Things)の進化を支える情報通信インフラの実現には、既存の伝送容量限界を超える光通信網の確立が必要不可欠です。これらのなかで光ファイバは中心的な役割を果たします。NTTが提唱するIOWN構想においては、「低消費電力」、「大容量・高品質」、「低遅延」の3つについて目標性能を掲げ、さまざまな新技術の導入が検討されています。
 IOWN構想の実現にむけた当社の取り組みとして、当社の独自技術である12心間欠固定型光ファイバリボンSpider Web Ribbon®を実装した世界最高密度の多心光ファイバケーブルをリリースしており、さらにこの技術を進化させ、標準的な被覆外径よりも細い200μmファイバを実装した超多心光ファイバケーブルの開発も進めています。
 さらなる高密度化を実現するための研究開発として、1本の光ファイバクラッドに複数のコアを配置することで高密度化が可能となるマルチコア光ファイバの開発を進めています。マルチコアファイバの早期の実用化を見据え、現在使用されている標準の光ファイバと同じ細さ(125μm)に、既存のシングルモードファイバと光学的に互換な4つのコアを配置したマルチコア光ファイバを中心に研究開発を進めています。


マルチコア光ファイバの例

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP