株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究開発
  3. 研究開発方針

R&D

研究開発方針

研究開発方針

つなぐテクノロジーの“みらい”へ

進化し続けるフジクラの研究開発

フジクラは、電力を運ぶ電線線路システム、情報を運ぶ通信線路システムの領域において高い技術を築き、社会に貢献してまいりました。情報通信の分野では、1980年代に電線に代わって主流となった光ファイバとその周辺製品の研究開発において常に最先端の技術を開拓し、世界のトップレベルの技術を維持してきました。電線や光ファイバ関連の技術を電子デバイス製品や自動車電装製品に水平展開して、情報通信、エレクトロニクス、エネルギーの分野で高い付加価値を創出するテクノロジー・プラットフォームを構築しています。快適で持続可能な“みらい”社会の課題を解決するため、プラットフォームを更に発展させています。

テクノロジー・プラットフォームを基盤とした研究開発

情報通信分野においては、光通信ネットワークの基本的特性の向上を目指し、極低損失光ファイバならびに極低損失光コネクタの実用化を進めています。また光大容量化に向けたソリューションとしては、多数の光ファイバを細径で高密度に収容した「SWR®/WTC® 型光ケーブル」をさらに進化させ、心数の増加、細径化を進めています。コネクタ・融着機・接続箱などの周辺装置は、光ケーブル施工の効率化を総合的に実現しております。よりいっそうの伝送容量の増加に対応するために、一本の光ファイバガラスの中に複数のコアを配置した「マルチコア光ファイバ」の実用化を加速しています。
フジクラでは、通信用の光ファイバで培った幅広い光関連技術を結集して産業機器用に高出力ファイバレーザを開発しています。ファイバレーザは、金属の切断や溶接などの加工に用いられます。高出力のマルチモード・ファイバレーザを製品化していますが、さらに出射光ビームを細く絞って高精度・高品質な加工を高速で行うシングルモード・ファイバレーザの研究開発も進めております。
光ファイバ線路システムの技術基盤に加えて、米国IBM社よりライセンスを受けたミリ波RF(高周波)-IC技術と、当社のアンテナ設計・基板製造技術を組み合わせ、ミリ波無線に関わる技術基盤の確立を進めています。「5G」時代に向けて、移動体通信基地局や、そのフロントホール・バックホール、固定通信網ラストマイルなどの次世代大容量高速無線通信に利用されるミリ波帯通信デバイスを実用化します。
当社が開発した色素増感太陽電池を電源としたLoRaWAN※方式のエネルギーハーベスト型センサシステムに、IoTクラウドを組み合わせた、総合ソリューションサービスを開始しました。最初のサービスとして、熱中症や季節性インフルエンザの危険度を見える化し、注意を促すシステムを実用化しました。
※LoRaWAN:LoRa Allianceが定めた省電力・長距離通信を特徴とする広域無線ネットワーク規格の名称で、IoT向け無線規格として世界的に広く利用されています。
人工ピンの導入により世界トップの臨界電流特性を有する高温超電導線材の量産技術開発を完了し、販売、提供を開始しました。また高分解能Nuclear Magnetic Resonance(NMR;核磁気共鳴)用超高磁場超電導磁石の実用化に成功しました。NMRの分解能の向上は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する研究や、アルツハイマー病、パーキンソン病、がん研究などを促進し、社会に大きな貢献をもたらすと期待されます。

“つなぐ”テクノロジーで社会の課題を解決する

産業、社会インフラ、生活のあらゆる領域でデジタル・トランスフォーメーションが進展する中で、フジクラの“つなぐ”テクノロジーにも、“ICTを活用して人と情報をより密接につなげていく”という新たな視点で、蓄積されたコア技術を捉え直していくことが必要になっています。フジクラでは、国内外の先進的な企業や研究機関との共創を通じて、当社既存の電子・光技術とデジタル技術とを融合させた新しいコア技術により、新たな価値を創出する研究開発の仕組みを検討しています。

PAGE TOP