会社情報

トップメッセージ


取締役社長

ぜひフジクラという会社を、
「自分を最大限に発現する場」として
思う存分、活用してください。

私たちフジクラ(グループ)の輝く未来を可能にするその鍵は“人”つまり「人財」です。
社員ひとりひとりが自分たちの持てるもののすべてを存分に発揮すること、
これが私たちのさらなる進化、発展へとつながります。
限りない可能性を持つみなさん、会社に入ったことで安心、安穏としないでください。
会社を「自分自身を最大限に発現する場(ステージ)」ととらえてほしい。
いろいろなことにチャレンジし、苦難をもいとわず、
自分のあらゆる可能性に挑戦し続ける、そのような「自分」を創りあげていってほしい。
みなさんは、そのことを通して自らの成長とともに
会社の、社会の、そして世界の発展にもすばらしい貢献をすることができるのです。

フジクラ(グループ)を「自分を最大限に発現する場(ステージ)」として積極的に活用しようとする人には、
私たちは、若くても、大きなチャンス、わくわくするようなチャレンジの場を与え続けるでしょう。
私も会社に入ったばかりの若い頃、思いもしない責任ある仕事に次々とチャレンジさせてもらえました。
私は経理の出身ですが、入社2年目で経理部門の代表として全社のシステム構築のプロジェクトに参加したり、
企業会計のIT化を一任されたりと、日々、刺激にあふれた20代を過ごしました。
自ら望めば、また自分自身の可能性に挑戦し続ければ、ここフジクラにはいくらでも成長できる環境があります。

そのフジクラ(グループ)のさらなる魅力は、そうしたチャレンジがすべて
「社会の発展、世界の発展に直接役立つ」につながっていることです。
私たちのさまざまな事業は、社会に、世界に直結していて、
これからの私たちの未来に欠かすことのできないものだと言えるでしょう。

たとえば、エネルギー問題への貢献を例にとりましょう。
いまや地球全体の最大の課題である「低炭素社会の実現」において、
今、私たちが取り組みを進める「超電導」や「色素増感太陽電池」、
あるいは「ファイバレーザ」などの未来を切り開く新技術が
世界中のエネルギー効率を飛躍的に改善し改革する切り札となるでしょう。

情報通信の分野においても、「クラウドコンピューティング」をはじめ、高度なネットワーク社会の構築に、
私たちの独自技術は無くてはならないものとなっています。それは国内のみならず、海外でも同様です。
経済成長著しい新興国での新たなネットワーク構築はもちろんのこと、欧米の先進国においても、
これまでの古いネットワークの再生や再構築などの重要なプロジェクトが続々と生じてきています。

みなさん、私たちフジクラ(グループ)には、まさにグローバルスケールでの活躍の場が用意されているのです。