株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. ファイバデバイス
R&D
ファイバデバイス

ファイバデバイス

光ファイバセンサ

光ファイバセンサは、温度やひずみに応じて光ファイバ中を伝搬する光の様々なパラメータが変化する特性を活用し、光ファイバ自体をセンサとして利用する技術を用いた製品です。近年では、この技術を用いることによる航空機や社会インフラのヘルスモニタリングが注目されています。さらに、マルチコアファイバの技術を組み合わせることで、生体内や水中のような特殊環境でのナビゲーション、ウェアラブル機器や複合材料の形状センシングへの適用が可能となります。
当社では、通信用光ファイバおよび光部品で培った技術を応用し、ねじれを有するマルチコア光ファイバと、長尺ファイバブラッググレーティング(FBG)を開発しました。このような光ファイバを用いて曲げを検出することで、3次元形状センシングが可能になります。今後も、より高性能な光ファイバセンサの実現と、幅広い分野への適用を目指し、研究開発を進めてまいります。

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP