社員メッセージ

横山 功司 Yokoyama Koji

横山 功司 Yokoyama Koji

エネルギー情報通信カンパニー
ケーブル事業部 係長 ※取材当時の内容です

2003年度入社
法学部 法律学科

  • 文系
  • 事務系
  • エネルギー情報通信カンパニー
  • 中堅
  • 男性

INDEX

「技術力の高い企業」を志望していた私に、
フジクラはまさに望み通りのメーカーでした。

世界トップシェアの製品を持っていたことが決め手に

就職活動を始めた頃は、職種・業種にまったくこだわりがありませんでした。しかし、多くの説明会に参加するなかで、技術力の高い会社に興味を感じるようになったのです。当社に興味を持ったのも、伝統と歴史に支えられた確かな技術力を有していると知ったから。当社で働いていた知人からも話を聞き、専門的な内容はまだわからなかったものの、事業の安定性や将来性を感じました。面接の場でさらに詳しく事業内容の説明を受け、世界トップクラスのシェアを誇る製品をいくつも抱えるメーカーであることに惹かれ、それが決め手になりました。

光ファイバケーブルの生産管理を担当。
収益に大きな影響を与える、責任ある仕事。

工場の司令塔として生産をコントロールしていく

光ファイバケーブルの生産管理業務を担当しています。製造工程の日程計画を立て、進捗管理を行うことで、納期を守った円滑な生産を図っていくことが私のミッション。いわば工場の司令塔としてのポジションです。光ファイバケーブルはフジクラの主要製品のひとつであり、たいへんボリュームの大きな事業ですから、たとえば生産管理に不手際があってお客様からの注文に対応できずに機会損失をもたらしてしまうと、経営に与えるインパクトはとても大きい。お客様のニーズを逃さない生産管理を追求し、少しでも利益の拡大に貢献できるよう、日々奮闘しています。

社内の各部署と連携し、難局を乗り切る。それが醍醐味

なかでも私たちの力が問われるのは、お客様側の需要の変動により、注文量が大幅に増えた時。お客様が希望する納期に対応すべく、製造部門や設計部門、開発部門、資材部門などと協力し、ベクトルをひとつにして難局を乗り切った時は大きな達成感がありますね。このポジションは社内のさまざまな部門と連携するため、折衝力が求められます。その調整に苦労することもありますが、私としては常に「社内もお客様」という意識を持って、周囲に働きかけていくように心がけています。先日は、社内で選抜されて業務リーダー研修も受けました。これからは、より高い視点で生産管理業務をマネジメントできる、そんな人材を目指していきたいと思っています。

「風通しの良さ」と「企業としての安定感」、
両方をあわせ持っている会社ですね。

フジクラの○

組織のフラットさでしょうか。一つの組織が大きくなく、また、階層も低いので、新入社員でも部課長や役員と風通しよく話をすることができます。高層ビルのように経営層が雲の上の人、ということがないのでやりやすい環境だな、と思います。かといって規模が小さいわけではなく、非常に安定感のある経営をしているので、安心して仕事に集中できるのはありがたいです。
あと、少数精鋭なので若い頃から仕事を任せてもらえるため、プロフェッショナルとして成長できるのはうれしいです。今では生産管理として誰にも負けない実力がある、と自負しています。
逆に、少数精鋭なので忙しい時はかなり忙しくなります。しかし、忙しいということは、たくさんの製品を生産しているということであり、それを乗り越えて会社の売上や利益に貢献できた時はやはり充実感がありますし、関係している部署との連帯感も深まるのでとても楽しいです。

フジクラの×

組織がフラットなので、横のつながりがやや弱いように感じます。人財の交流などが進むことで相互理解がより深まれば、よりよい仕事ができるだろうな、というのは日々感じることですね。生産管理という仕事は、営業や製造、設計・開発や資材などのいろいろな部門と関わりあうので特にそう思います。

「なぜ働くのか」という軸がしっかりしていれば、
就職活動も、そして入社後もうまくいくはずです。

先入観を持たず、まずはいろんな会社を見てほしい

自分がなぜ働くのか、何を目指して働くのかを真剣に考えることが大切。それさえ理解できていれば、進むべき道はおのずと見えてきます。入社後に仕事で困難にぶつかった時も、それが心の支えになるはずです。また、就職活動は、社会に対する見聞を広める絶好の機会です。先入観を持たずにいろいろな会社を見て、幅広い考え方を学んでください。あとは面接でありのままの自分の姿を見せれば、きっと適職を得られると思います。

INDEX