社員メッセージ

高橋 建次 Takahashi Kenji

高橋 建次 Takahashi Kenji

コーポレート生産部門
生産技術・設備センター グループ長 ※取材当時の内容です

1989年度入社
工学部 機械工学科

  • 理系
  • 機械系
  • コーポレート生産部門
  • ベテラン
  • 男性

INDEX

正直なところ、「安定しているメーカー」
という評判に惹かれて入社しました。

私はバブル期の入社
あまり深く考えずに就職活動していたのが実情

私が入社したのは、1990年前後のバブル経済真っ盛りの時代。ですからあまり深く考えずに就職活動をしていました。いまの学生のみなさんには本当に申し訳ない思いです。大学時代、私は研究室で「純銅単結晶の応力腐食割れ」に関する研究を手がけていて、その純銅の供給をしてくれていたのがフジクラでした。そうした縁もあって受験したのですが、結局フジクラに決めたのは、単純に会社の評判が「電力会社や通信会社などの有力なインフラ系顧客に向けた売上が磐石で、技術系の企業の中でも安定している」ということで、そこに惹かれたというのが正直なところですね。

グローバルなスケールで、
フジクラの「ものづくり」を進化させています。

現在、精密加工関連・金型関連の
生産技術を担うグループを率いる

生産技術開発部はその名の通り、社内や国内外の関連会社の生産技術を担うセクションです。そのなかで私は現在、精密加工関連・金型関連の生産技術サポートを手がけるグループのマネージャーを務めており、15名ほどのメンバーを率いる立場です。10年ほど前には、私も現場の一エンジニアとして海外企業と共同で光ファイバ融着設備の開発に取り組んだこともあります。あのときは年間10回以上海外に出張し、現地のエンジニアたちとディスカッションを重ね、なかなかやりがいのある仕事でした。このように難易度の高い精密加工にチャレンジし、周囲と協業しながらそれを実現していくのが生産技術エンジニアの醍醐味だと思いますね。

私たちの活躍次第で、
フジクラのものづくりの未来が決まっていく

現在、私のグループは、タイ工場のHDDアクチュエータ加工や金型生産の技術サポートを担っており、頻繁にタイ人のエンジニア・オペレータを日本に招いて技術指導を行っています。いまタイ工場では生産技術に特化した専門チームを編成し、エレクトロニクス分野の製品についてさらなる品質向上や生産効率化を目指しています。私たちが携わる生産技術というのは、長年のノウハウと改善意欲のバランスがものを言う微妙な分野の仕事であり、その感覚をいかに外国人スタッフに伝授し、グローバルなレベルでフジクラのものづくりの力を高めていくかがこれからの大きなテーマ。私たち生産技術開発部の活躍次第でフジクラのものづくりの未来が決まる。そんな責任を強く感じて仕事に臨んでいます。

フジクラは非財閥系。
だからお客様の要望に自分の意思で動く、という文化があります。

フジクラの○

フジクラは旧財閥系の企業ではありませんので、会社の判断=自分たちの判断と割り切って考えられることができる。上から押し付けられて行動するのでなく、お客様の要望に対して自分の意思で動く、という文化があるように思います。また、フジクラは「人を育てる」会社だと思います。私自身も、メンバーに対してはそれを強く意識していますし、「がんばって勉強してくれ」と絶えず激励しています。

フジクラの×

各個人や社風としての自主性は高いのですが、事業投資に関してはもっと戦略性を高める必要がありそうだと感じています。というのも、フジクラは過去永きにわたって、電線という社会のインフラにかかわる部品を電力会社や旧電電公社に納入してきたため、消費者の声に直接触れる機会が少なく、自らの意思で事業戦略を立てる機会が少なかったように思います。しかし事業構成が広範囲になり、かつ一般民需に大きくシフトした今では、それは通用しません。お客様の声や世の中の情勢を把握した上で、自らの頭で事業戦略を立てていくべきだと思います。

「名前で会社を選ぶ」というのは危険。
変革意識の強い企業を選ぶべきだと思います。

有名企業だからといって、
10年後20年後存在しているとは限らない

私はバブル期の就職なので、自身の経験からアドバイスできることなど特に何もないのですが、振り返ってみると「名前で会社を選ぶ」というのは危険なように思いますね。私が社会に出た頃は、理系の学生が大手の銀行や証券会社に続々と就職していましたが、その後、破綻した金融機関もありますし、統廃合されてリストラの憂き目にあった大学の同期もけっこういます。また当時の有名だったメーカーも時代の波に乗れず、すっかり低迷しているケースもたくさんある。その点、フジクラは常に危機意識を持って変化している。フジクラが特別な会社だとは思いませんが、「フジクラはこんな会社だ!」と言い切れないのがフジクラの強みなのかも知れませんね。

INDEX