社員メッセージ

田端 学 Tabata Manabu

田端 学 Tabata Manabu

エネルギー情報通信カンパニー
精密機器事業部 主査 ※取材当時の内容です

1999年度入社
工学部 機械工学科

  • 理系
  • 機械系
  • エネルギー情報通信カンパニー
  • 中堅
  • 男性

INDEX

機械系の製品開発に興味。
先輩が早くから設計で活躍していることも魅力でした。

この会社なら、自分も早くからチャンスがもらえそうだ

フジクラの研究開発拠点である佐倉事業所が大学から近かったこともあって、こちらの会社に興味を持ちました。私は機械工学を専攻していたのですが、就職活動をしていた当時、フジクラは電線メーカーとして知られており、機械系の技術者が活躍できるイメージはあまりありませんでしたが、同じ学科の先輩が研究室にOB訪問でいらっしゃって、光ファイバ融着接続機の開発をやっているとうかがって……しかも、まだ若手の方だったのですが、もうすでに設計をやらせてもらっているとのこと。専攻を活かした開発ができる場があり、自分も早くからチャンスがもらえそうだと思って、フジクラを志望しました。

私が量産化した製品に、他社が追随できない。
そんなときは大きな誇りを感じますね。

現在、光ファイバ融着接続機の開発リーダーを担当

入社以来、光ファイバ融着接続機の設計開発に携わっています。現在はチームのリーダーを務めており、メンバーをマネジメントしてスケジュール通りに開発を進めていく、その全体の指揮を執っています。光ファイバ融着接続機は、フジクラが世界シェアトップを獲得している製品。その座を守り、さらに競合他社を突き放していくためにも、常に一歩先を行く開発に挑んでいます。今までにない価値を持つ製品を開発していくうえでは、さまざまな問題に直面します。設計時や量産時にトラブルが発生したときに、自分のアイデアをもとにメンバーを指揮し、それを乗り越えられたときには大きな達成感がありますね。

敢えて難しいスペックに挑む。No.1としてのプライド

私たちは、マーケットで圧倒的なNo.1になるための先行開発を行っているので、どのような製品を開発すべきか、そのスペックもすべて決めていきます。実現可能なレベルにまで緩めて楽をすることはできますが、それでは開発をする意味はない。敢えて厳しいスペックを設定し、それをクリアすることがフジクラのスピリット。自分で量産化した製品が、市場にリリースされてから何年経っても、競合他社が追随できないときなどは、技術者として大きな誇りを感じます。そうした気持ちが味わえるのも、やはりフジクラならではだと思いますね。

若いうちから、仕事に奮い立つチャンスを
次々と与えてくれる会社だと思います。

フジクラの○

私は、先輩方の話から「若いうちからチャンスをもらえる」と感じてフジクラを選んだわけですが、まさにその通りでした。入社後、数年で量産製品の設計をやらせてもらえたり、その後は開発リーダーのポジションを任せてもらえるなど、自分を奮い立たせてくれるような機会を本当にたくさん与えてくれる会社だと思います。また、私は過去に3年ほど熊本の光ファイバ融着接続機の量産工場に出向し、新たな製品を世の中に送り出す最前線での技術開発を経験しましたが、同期を見てもさまざまな場所で活躍をしており、変化に富んだキャリアを得られる会社だとも思いますね。

フジクラの×

他部署間の横の繋がりが弱いように思います。隣の部署でも何をやってるのか、あまりよくわからないというのが正直なところです。また、これは自分自身の反省でもあるのですが、海外で事業を広く展開している企業でありながら、全体的に英語力が低いのも課題じゃないかと思います。もっと語学を勉強しなければなりませんね。

フジクラの融着接続機に注目してほしい。
私たちのこだわりが詰まっていますから。

工場見学でフジクラの技術力に触れてください

就職活動中に意識していたことは「明るく、元気よく」。とにかく前向きな姿勢でがんばってほしいですね。あと、私からのPRとしては、ぜひフジクラの光ファイバ融着接続機に注目してほしい。この製品は、すべての部品を自分たちの手で設計しており、随所にフジクラならではのこだわりが散りばめられています。民生品ではないため、身の回りで気軽に見ることはないと思いますので、工場見学にいらした際は、ぜひそのこだわりに触れてほしいと思っています。

INDEX