社員メッセージ

鈴木 れん Suzuki Ren

鈴木 れん Suzuki Ren

エネルギー情報通信カンパニー
光応用製品事業推進室 ※取材当時の内容です

2009年度入社
工学研究科 環境・エネルギー工学専攻

  • 理系
  • 電気・電子系
  • エネルギー情報通信カンパニー
  • 若手
  • 男性

INDEX

私がやりたかった2つのことが、
どちらもフジクラなら実現できると思ったのです。

入社後は予想外の配属
現在はフジクラの新規事業で奮闘中

私がやりたかったことは2つありました。ひとつは、学生時代に研究していた「レーザーを使った有機物分析法」と、当時興味を持っていた太陽電池関係の仕事がリンクする「色素増感型太陽電池」の開発。もうひとつは、光を医療に応用する研究室で研究していて、医療用の光ファイバにもなじみがあったため、より良い医療用ファイバの開発です。フジクラなら、どちらもできるチャンスがあると思い、入社を決意しました。実際入社したところ、これら2つのジャンルではなく、『イルミアレイ』という光関連の新規事業に携わることになりました。非常に将来性が高く画期的な事業であり、私にとって新たな挑戦です。毎日、非常に楽しくやり甲斐を持って仕事に没頭しています。

私が設計・試作した「イルミパネル」が携帯電話に採用。
数十万個という単位で世の中へ!

導光板の形状設計から
試作品の製作、試験まで一貫して担当

フジクラが新たに事業化した「イルミパネル」の製品開発に取り組んでいます。「イルミパネル」は、透明アクリル樹脂を介して、LED光源を自由な方向へ導くことができるデザイン照明装置。その導光板の形状設計を、照明解析ソフトを駆使して行い、試作品を設計製作し、その機能を測定、評価、解析するところまで一貫して手がけています。まだまだキャリアが浅いので、周囲とのコミュニケーションがうまくいかずに失敗することも。お互いの意図が正確に伝えきれず、それが原因でいいものが作れなかったり、さまざまなミスが起こったり……そうした経験を糧にしながら、何とかいい製品を世の中に送り出そうと努力しているところです。

世の中を感動させる製品を作り、
フジクラをもっと有名にしたい

先日、私が設計・試作した製品の量産が決まりました。携帯電話の中に組み込まれ、表側にイルミネーションとして発光させるためのイルミパネルで、生産台数は数十万個。この導光板の厚みは最も薄い部分では0.3mm以下となり、射出成型法において成型できる限界に挑戦した非常に難易度の高い製品でした。 他社の試作品に比べ、輝度が高いことが評価されフジクラが量産を担うことに。受注が決まった時は本当にうれしかったですね。競合他社には、技術的な評価だけは絶対に負けたくない。私たちが開発するイルミパネルは、フジクラのなかでは珍しく、消費者の方々が直接触れられる製品。今後もこうした一般消費者市場へ向けて、世の中の感動させるような製品を作り、フジクラをもっと有名にしたいですね。

本当に「いい人」が多い会社。
普段の業務のなかで実感します。

フジクラの○

いい人が多いですね。私が重い荷物を運んで大変そうにしていると、「手伝おうか?」と声をかけて運ぶのを手伝ってくださったり、仕事で質問したときも、その場でも答えてくれただけでなく、あとで関連する資料や情報もいただいたり……本当に働きやすい職場だと思います。あと、学生時代はほとんどの友人がフジクラのことを知らなかったのですが、入社してみると、社会人の間ではかなり知られた存在であることがちょっと意外でしたね。

フジクラの×

フジクラは技術力に関しては申し分ないのですが、実際に事業化するうえで重要となるお客様からの情報入手力や交渉力、その点にまだ少し課題があるように思いますね。お客様の言うことをすべて受け入れていては、仕事は進まない。本当に大事なことを見極めて、優先順位をつけて仕事を動かしていかなければならないと思っています。

背伸びせず、ありのままの自分を
判断してもらうのがいいと思いますね。

フジクラを訪問した際は、
どんな人が働いているかを肌で感じてほしい

無理に背伸びをしないことで、その時点での自分のありのままの資質を判断してもらうことが大切なんじゃないでしょうか。その時点で知らないことがあっても、それは恥ずかしいことじゃなく、後で勉強して知ればいいこと。そうした姿勢で就職活動にのぞんでほしいですね。フジクラに訪問される際は、採用グループのメンバーや面接官、役員だけなく、廊下やトイレですれ違うだけの人の雰囲気や行動もしっかりみて、どんな人が働いているかを肌で感じとってほしいとも思っています。

INDEX