社員メッセージ

益田 丈輔 Masuda Josuke

益田 丈輔 Masuda Josuke

エネルギー情報通信カンパニー
エネルギー・情報通信事業部 係長 ※取材当時の内容です

2007年度入社
総合理工学府 先端エネルギー工学専攻

  • 理系
  • 電気・電子系
  • エネルギー情報通信カンパニー
  • 中堅
  • 男性

INDEX

「超電導」というキーワードから
フジクラに興味を持ちました。

フジクラには明るい人が多いと感じたのも志望理由のひとつ

フジクラの名前を知ったのは、学生時代に「超電導」に関連する短期ゼミを受けたことがきっかけです。エネルギー科学を専攻していたこともあり、超電導には興味がありましたし、この分野でフジクラという企業が世界の最先端を走っているということが私にとっては新鮮な発見でした。その後、会社説明会を通じて、フジクラには明るい人が多いと感じ、こうした雰囲気の中で私も仕事をしたいと思って入社を志しました。

通信ケーブルの設計と顧客対応が私の仕事。
お客様からの感謝の言葉が何よりの励みです。

自分の判断が多くの方に影響を与える、
責任ある仕事を担う

私たちの部署は、社会を支えるのに必要不可欠な電力ケーブルや通信メタルケーブルを手がけており、そこで私は主に通信メタルケーブルの設計とお客様対応を担っています。仕様提案、クレーム対応、品質管理・改善など、私の業務は技術的な内容すべてに及びます。自分の判断が多くの方に影響を与える、責任ある仕事を任されています。こちらに配属される前は「電線など開発はおろか新規設計なんてあるのか?」と思っていたのですが、とんだ見当違いでした。どんな製品であっても日々変化するお客様のニーズに応えるために進歩し、新しい技術が必要とされていく。そのことをあらためて気づかされましたね。

お客様との信頼関係のもと、
新しいビジネスチャンスを生み出してきたい

私が手がけている設計および技術営業は、社内外の多くの人たちと関わります。自分ひとりの力では解決できない問題ばかりですので、周りの方々をどうやって巻き込んでいくかが重要。自分が頑張るのは簡単ですが、やはり人を動かすのは難しい。私はしゃべるのがあまり得意ではないのですが、熱意をもって誠実に話をすれば、話術など関係なく相手に伝わるもの。そんな信念で仕事に取り組んでいます。苦労することもありますが、それでもお客様から感謝の言葉をいただけたときは本当にうれしい。トラブルに関するお客様への報告などでも、誠実に対応すれば逆に感謝される場合もあります。「それが知りたかったんだ!」など問題が解決したときのお客様の言葉が仕事の励みです。お客様と信頼関係は一朝一夕で出来上がるものではなく、先輩方の誠実な対応の積み重ねの上で成り立っているもの。その上にあぐらをかくことなく、謙虚かつ意欲的に対応し、将来は自分で新しいビジネスチャンスを生み出してきたいと考えています。

どんなことでも臆することなく提案できる。
フジクラにはそんな社風があります。

フジクラの○

堅苦しくないところです。研修の打ち上げなどでも、役員の方々と気兼ねなく話ができる雰囲気があります。こうした社風ですので、上司に何か新しいことを提案するときも臆することはありません。私も積極的に提案を出し、会社に貢献していきたいと思っています。

フジクラの×

企業としてのイメージがインパクトに欠ける、といったところでしょうか。基本的にB to B企業ですので、一般的な知名度は必要ないかのもしれませんが、やはり名前が知られて良いイメージを持ってもらったほうが人財も集まるでしょうし、それに越したことはないと思いますね。

メディアからはうかがえない、
社員のリアルの声をぜひ聞いてください。

希望する職種の先輩社員に実際に会ってみることが大切

就職サイトなどのインターネットや、企業に関する書籍などだけでは、働いている人の表情まではわかりません。できるだけ、自分の希望する仕事に就いている先輩社員の生の声を聞いたほうがいいと思います。採用担当の方に「社員の方と話をさせてほしい」とお願いしたら、おそらくほとんどの企業が快く受け入れてもらえるはず。悔いのないよう、積極的に就職活動に取り組んでください。

INDEX