社員メッセージ

工藤 可奈子 Kudo Kanako

工藤 可奈子 Kudo Kanako

コーポレートスタッフ部門
資材部 ※取材当時の内容です

2006年度入社
教育学部 国際文化専攻

  • 文系
  • 事務系
  • コーポレートスタッフ部門
  • 中堅
  • 女性

INDEX

留学経験が活かせること。
そして東京での生活基盤が安定しているのも魅力でした。

面接でも、一番素直な自分を出すことができました

私は大学時代、姉妹校であるイギリスの大学に1年ほど留学しました。就職にあたっても、その留学経験を活かせるような場で仕事がしたいと考え、グローバルに事業を展開しているフジクラに興味を持ったのです。あと、私は地方の大学の出身ですので、社員寮がきちんと整備されていて、東京での生活基盤がしっかり用意されているのも魅力でした。
面接では、人事面接、役員面接とも素直な自分を出すことができ、それを受け入れてもらえた気がしました。他社の面接では、必要以上に自分をよく見せようと力が入ってしまったのですが、フジクラの面接ではなぜか自然に話すことができて……本当にいい出会いだったと今でも思っています。

国内・海外から優れたサプライヤーを発掘し、
グループのコストダウンに貢献。

光ケーブル・電線の原材料の調達に奮闘する毎日

資材部に所属し、光ケーブルや電線に使われる原材料の購買を担当しています。国内・海外から安価で品質の高い材料を調達し、フジクラグループ全体のコストダウンに貢献することがミッション。国内のサプライヤー(原材料や部品を供給する業者)だけでなく、海外の関係会社からも情報を得て、常に安価な材料を探っています。私がカバーしているのは、フジクラ本体とグループ会社合わせて国内10拠点で使用される原材料。東北から九州まで、すべての拠点に目を配り、材料の安定供給やコストダウンを進めていくことに難しさを感じています。

関係者と協力して大きな目標を成し遂げるのが醍醐味

最近では、いっそうのコストダウンを図るべく、中国を中心に海外のサプライヤーとの新規取引も年々増えています。輸入手続きや商習慣など、勉強になることは本当に多いですね。こうして、コスト・品質・納期のバランスの取れたサプライヤーを発掘して、開発部門や製造部門に提案していくことになるのですが、私たちが紹介した材料が新規に採用されるまでには、何度も試作を行い、場合によってはサプライヤーに改善をお願いしたり、サプライヤーの工場監査を行ったりもします。長い道のりですが、サプライヤーや関係部署と協力してコストダウンを成功させることができた時の達成感は、それはもう言葉にならないほどです。

仕事を楽しむには、社内の風通しの良さが大切。
フジクラは文句のない場所ですね。

フジクラの○

若いうちから大きな仕事を任されることです。新人のうちは、補助的な業務をこなしながら、徐々に慣れていくものかなと思っていましたが、配属されてすぐに重要材料を任されて、とても驚きました。あとは、人情味あふれるあたたかい社風なのも魅力。仕事がうまく回るかどうかは、人と人とのコミュニケーションが鍵を握ると思うのですが、フジクラは全体的に人間関係が良く、風通しがいいので、仕事のやりがいを存分に味わうことができると思います。

フジクラの×

アットホームな雰囲気はよいのですが、時々緊張感が足りない場面があるように思います……伝統があって安定している会社だから、少しそうした傾向が出てしまうのかもしれません。私自身も、会社に甘えないよう、意識して仕事に取り組んでいなければならないと思っています。

就職は「ご縁」。あくまで自然体で、
そして前向きにがんばってください。

就活だけにのめり込んでしまわないほうがいいですよ

就職活動の期間中に就活だけしていると、気が滅入り、自分を見失いがちになるので、何か他のことも並行して進めるのがよいと思います。私はアルバイトをしていましたが、そこで得た経験が面接のネタになり、自分の持ち味を具体的に伝えることにつながりました。就活は大変ですが、たとえ選考に落ちても、自己否定せず、あくまで前向きに。就職は「ご縁」によるものが大きいと思います。受験する会社に自分を合わせようとすると、大抵失敗します。自然体の自分で臨んでください。それでダメなら縁がなかっただけだと割り切ったほうがいいと思いますね。

INDEX