社員メッセージ

廣永 亮平 Hironaga Ryohei

廣永 亮平 Hironaga Ryohei

自動車電装カンパニー
電装事業部 係長 ※取材当時の内容です

2005年度入社
材料科学研究科 機能科学専攻

  • 理系
  • 機械系
  • 自動車電装カンパニー
  • 中堅
  • 男性

INDEX

学生時代の共同研究がきっかけ。
そこで「人を大切にする会社だ」と感じました。

技術者の方々と話をするうちに心が決まりました

学部時代に在籍していた研究室が、レーザを用いた加工・接続技術に関する研究を行っていたため、フジクラと「CO2レーザを用いた光ファイバの融着技術」というテーマで共同研究を行っていました。私自身はその研究には加わっていなかったのですが、フジクラの技術者の方と接する機会が多くあり、そこでいろいろと話を伺い、フジクラは人を大切にする会社だという印象を強く受けました。実際に、工場見学をしてさらに働きやすそうな雰囲気を肌で感じ、フジクラへの入社を決めました。

自動車用電装品を開発。難題をクリアして
最後までやり遂げた時の達成感は格別!

小型・軽量化のニーズに応えていくことがミッション

自動車電装開発部はその名の通り、ワイヤハーネスをメインに、それに付随するコネクタ・端子・ボックス類といった部品から、薄型配線材であるFPCやメンブレンを使用した機能部品、光応用製品であるイルミ、冷却部品であるヒートパイプなどフジクラの技術を集結した自動車用電装品の先行開発を行っています。そちらで私は、自動車の様々な電装品の回路を一つにまとめた接続箱であるジョイントボックスの開発を手がけています。これは家庭でいえば分電盤(ブレーカー)の役割をするものです。近年、自動車に搭載される電子装備の増加によって、ジョイントボックスは大型・重量増となる傾向にあります。その一方で、カーメーカーからは燃費向上のために小型・軽量化のニーズがあり、様々な技術を駆使して、そうした顧客の要求に応える製品開発に取り組んでいます。

高性能×低コスト…技術者としての知恵が問われます

自動車用電装品は、厳しい環境で長期間にわたり使用され、万が一、その製品が故障した場合には人の命を奪いかねない大事故につながる恐れがあります。どんな環境下でも故障しない高性能な製品作りは決して容易ではありません。また、コストをかけずにいかに性能の良いものを作るかということにも、技術者の知恵が問われます。採算度外視の開発では、その企業の存続はありません。難題はたくさんあるのですが、自分の担当する製品については、企画段階のコンセプト検討から設計~評価~量産に至るまで一貫して関わることができます。ですから、求められる品質やコストをクリアして最後までやり遂げた時は、もう言葉では表せない達成感があります。自分が開発に関わった製品を搭載したクルマが世に出た時は感無量ですね。

若手も自分のテーマを持って開発できる。
スキルアップも積極的に応援してくれます。

フジクラの○

若手でも、テーマを与えられて責任を持った仕事ができることは、フジクラの大きな魅力だと思います。私も配属されて早々に一つのテーマを任されました。もちろん、まわりのサポートはありましたが、そこでいろいろと鍛えられて今の自分があるように思います。また、自分が興味を持った技術の習得には積極的に支援をしてくれます。私自身、CADや解析ソフトに関するセミナーや講習会に何度も参加させてもらい、そこで得た知識や操作方法は今の仕事に大いに活きています。あとは開発に使える金額が、やはり学生時代とは桁違いですね。もちろんそれなりの責任も伴いますが、自分がやりたいと思う開発には、会社がきちんと資金を投じてくれます。

フジクラの×

フジクラで残念なところを挙げるとすれば、事業規模の割には一般の知名度が低いところでしょうか。ただ、世の中を見渡せば、身の回りのありとあらゆる所にフジクラ製品が使われています。便利で豊かな生活は我々が支えているという自信と誇りを持って働いています。

フジクラは本当に「人」を大事にする会社なので、
まず「人」を見てください。

自分が納得いくまでとことん活動してください!

行動しない後悔より、行動して後悔するほうがいい。他人の受け売りではなく、自分の意見や考え、自分の言葉をしっかり持って活動してほしいですね。たとえ失敗しても、そこから学べることはたくさんありますから。とにかくいろいろな会社を見て、一番自分にあった会社を見つけてください。人事担当者の話だけを鵜呑みにするのではなく、実際に働いている社員の生の話を聞くのも重要だと思います。
フジクラは決して派手さはありませんが、堅実経営の会社です。とにかく職場の雰囲気が良く、上司とも気軽に話せますし、とても働きやすい環境です。私が入社前に感じていた通り、本当に「人」を大事にする会社なので、まずは「人」を見てほしいですね。

INDEX