社員メッセージ

荒木 久斗 Araki Hisato

荒木 久斗 Araki Hisato

コーポレート生産部門
生産技術・設備センター ※取材当時の内容です

2009年度入社
理工学部 知能機械システム工学科

  • 理系
  • 機械系
  • コーポレート生産部門
  • 若手
  • 男性

INDEX

機械設備の製造・改造がしたい。
フジクラならどの設備に関わっても面白そうだと思いました。

ケーブル、FPC、融着機、超電導……
どの整備もやりがいがありそう

もともと機械いじりが好きで、学生時代も機械工学を専攻していたこともあり、就職活動の際には、機械設備の製作・改造・メンテナンスなどを行う仕事がしたいと考えて会社選びを始めました。こうした仕事は多くの会社で需要があり、絞るのには苦労したのですが、そんななかでフジクラという会社を選んだのは、長い歴史を持つメタルケーブル、世界シェアでトップを誇るFPCや融着機、将来を見据えた超電導や太陽電池など、どの設備に関わることになっても、やりがいを持って仕事に取り組めるのではないかと考えたからです。

自ら設計し、工事を監督し、
フジクラの工場や生産設備をさらに進化させています。

自ら導入した設備によって、
新たな製品が開発・生産される喜び

私が所属する生産技術・設備センターでは、工場の建設の手配や機械・装置設備の導入を行っています。低コスト、高生産性、省エネ、安全性などを考慮し、より良い開発・製造をサポートしていくことが部門のミッション。そこで私が担当しているのは、光ファイバ母材の製造工程設備。主に既存設備の改造にあたり、機械部品の設計や工事の作業指示などを手がけています。設計業務では、CADを用いて図面を製図し、加工メーカーに製作を依頼。工事においては、部品の取付工事やガス配管の施工などを監督し、工事業者の手配や作業内容指示、安全性確認、フジクラルール遵守の確認などを行っています。自らが設計、製図したものが実際に形になり、導入した設備によって新たな製品が開発・生産されるときは、大いにやりがいを感じ、次の仕事の活力にもなります。

不安だった海外勤務も、
先輩方の話を聞いて考え方が変わった

入社間もない頃は、業務で“初めて”のことに遭遇するたびにこの仕事の難しさを感じていましたが、まわりの多くの先輩方が助言や知恵を授けてくださるので、くじけずに頑張ることができました。こうした設備機械は大きな力を持っており、一度人の制御から外れると重大な事故へとつながります。設備に関わる人の安全を守る責任が私たちにはあり、そのことは常に心に刻んでいます。また、フジクラは世界各国に工場を展開しているため、この仕事は海外勤務もあります。私は日本から出たことがなく、海外勤務に不安を持っていたのですが、海外経験をした先輩方の話を聞くと考え方が少し変わりました。苦労された話も多いのですが、だからこそ得られる達成感や、チームで仕事を成し遂げる一体感を、私も味わってみたいと思うようになりました。

フジクラの「技術」をいかに伝承するか。
それがいまの課題だと感じています。

フジクラの○

会社の人たちが明るいところです。挨拶をしたら挨拶を返す、一緒に仕事をする先輩に「頑張れ」と笑顔で言ってもらえる、これだけでやる気が上がります。部署対抗でのレクリエーションもたびたび開催されており、楽しい企画が多く、私も毎回参加しています。

フジクラの×

フジクラは、さまざまな分野で多くの独自技術を抱えており、シェア獲得の大きな力になっています。しかし、これらをもとにさらに新しい技術を開発するためには、「技術の伝承」が必要です。新陳代謝を繰り返した後、こうした技術が完成するまでの先輩や仲間の苦労や失敗などをうまく受け継いでいくことが大切だと感じています。これらがうまく後世に伝わるような仕組みが浸透することで、これからも素晴らしい技術が数多く生まれることを期待しています。

まずは、好きなこと、やりたいことを考えて。
それが明確なら、どんどんパワーが生まれます。

あなたがやってみたいことは、フジクラのなかにあるかも

みなさんにはぜひ、好きなこと、やりたいことをしっかりと考えていただきたいですね。自分の好きなことは、苦労を惜しまず頑張れます。自分のやりたいことは、興味を持ってチャレンジする力になります。私はそれをフジクラで見つけて、やりたかった仕事に打ち込んでいます。フジクラはエネルギー・情報通信、エレクトロニクス、自動車電装と幅広い分野に主力製品を持っているので、みなさんのやってみたい仕事も見つかるかもしれません。ぜひフジクラのことを詳しく研究してみてください。

INDEX