着座センサやワイヤハーネスの開発で
自動車の進化にも貢献しています。

FPCと同様に、プラスチックフィルム上に特殊な印刷技術で回路を形成する「メンブレンスイッチ」もフジクラの主要製品。パソコンや電子レンジなどの幅広い用途で、世界のいたるところで使用されています。

さらにこの技術を応用して、フィルム状のシートセンサも開発。こちらは自動車の「着座センサ(乗員の体格や着座姿勢を感知してエアバッグの展開制御を行うセンサ)」として実用化されています。また、いっそう電子化が進む自動車の領域においては、クルマの情報神経ともいえる「ワイヤハーネス(自動車用電線)」を開発提供。お客様である大手自動車メーカーの新車開発段階からフジクラのエンジニアが関わって、クルマの進化を支えています。

着座センサ

ワイヤハーネス
自動車内部でさまざまな情報をやりとりする配線システムをトータルに提供。国内・海外の人気車種に数々搭載されています。

メンブレンスイッチ
印刷技術を駆使し、フィルム上に導電性ペーストで回路形成した軽くて薄いスイッチ。設計を自由に変えられ、部品実装も可能。

着座センサ
クルマのシートに設置され、ドライバーの体格や姿勢を感知してエアバックを制御するセンサ。自動車の安全性向上に貢献。


電気自動車の普及のカギを握る
充電インフラの開発に、実力を発揮。

環境にやさしい次世代のクルマとして注目を集める電気自動車(EV)。その普及に必要なインフラとして、30分程度の短時間で充電が可能な急速充電器の設置が、高速道路のパーキングエリアや自動車ディーラーなどで進んでいます。この急速充電器のコネクタも、フジクラの開発製品のひとつです。

フジクラが新たに開発したコネクタは、片手でコネクタ着脱が可能な完全ワンプッシュ方式で、業界で最もシンプルな操作性を実現。また、充電中を表す充電ランプにイルミネーションを採用し、広範囲が光ることで視認性を向上させながら、LEDを直視しない目にやさしいデザインとなっています。コネクタ解除ボタンには夜光樹脂を採用し、暗がりでの解除ボタンの視認性も高めています。

今後も自動車業界の最新の技術動向にタイムリーに対応するとともに、EV利用者のニーズをとらえたユーザーフレンドリーな製品を開発することにより、EVインフラの普及をサポートしていきます。

電気自動車用充電コネクタ
フジクラが新規開発した急速充電器コネクタは、シンプルな操作性と、老若男女を問わず多くのユーザーに親しみやすい印象を持っていただけるスタイリッシュなデザインを実現。これから各地で導入されていく予定です。