株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. ケーブル・機器
R&D
ケーブル・機器

ケーブル・機器

メタルケーブルでエネルギー、情報伝送システム構築に貢献し続ける

 私たちの生活を支えている電気は、その多くがエネルギーと情報に使用されています。この電気をエネルギーや情報として私たちへ届ける伝送路として使用されるメタルケーブルおよび機器を開発しています。それらは、社会の産業構造の高度化や情報化によりさまざまな要求性能が求められ、また近年地球環境問題より資源の有効活用や廃棄物処理時の環境負荷低減の重要性も強く認識されるようになりました。そこで私たちは、環境にやさしい、エネルギー伝送効率の良い、軽量コンパクト化なメタルケーブルシステムの開発を進めています。これからの社会では、産業構造の変化、地球環境とエネルギー問題の両立が必要となります。それらに応えるべく、エネルギー・情報伝送路の研究開発を進めます。

細径コルゲート同軸ケーブル

現在、携帯電話に代表される移動体通信では、伝送される情報の大容量化、高速化が進み、使用される周波数も高周波化が進んでいます。それに伴って移動体通信のアンテナ内部や機器内配線に使用される同軸ケーブルにも高い周波数帯での低損失、高耐電力という優れた特性が求められ、さらに、細径で、取り扱い性に優れた同軸ケーブルが必要とされています。
当社ではこのような社会のニーズに応えるため、世界トップレベルの製造技術が要求される細径コルゲート(=銅パイプに波付加工を施した構造)同軸ケーブルを開発し、製品化して、進化する情報化社会を支えています。
今後も移動体通信の発展のためにより優れた同軸ケーブルを提供することで社会に貢献していきます。

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP