株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 電子材料・部品
R&D
電子材料・部品

電子材料・部品

ハイテク技術を手のひらに

マイクロエレクトロニクス化の波が、あらゆる身近な装置や電子機器に押し寄せています。急激な技術革新のなかで、開発から実用化へのスピードはますます拍車が掛かり、ハイテク技術は手のひらサイズの製品となって次々に実用化されています。当社は、開発、試作から量産まで、多彩な配線材料開発の歴史を積み重ねてきました。
ハイテク時代の電子部品を、ユーザーニーズに応じたシステム商品として供給する。
これが、総合配線システムクリエイター、フジクラの電子部品開発のポリシーです。

超ファイン印刷メンブレン配線板

当社は、ポリエステルフィルムなどの基材に、導電インキをスクリーン印刷して回路形成した、メンブレン配線板を生産しています。近年、スクリーン印刷の限界を超える、よりファインな回路印刷の要求が高まっています。
そこで、凹版オフセット印刷によりファイン回路を形成したメンブレン配線板を開発しました。凹版オフセット印刷では、版に形成された凹部に充填されたイ ンキを、ブランケットロールに転写してから基材に転写することで回路を形成します。版はエッチング加工で製作されるため、非常に高精細なパターン形成が可能です。試作レベルで10μm幅の回路形成にも成功しています。 静電容量式タッチパッドなどの入力デバイスやデジタル家電用の配線板など、 メンブレン配線板のファイン化要求に応えるため、量産ライン開発を進めています。

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP