株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 電子材料・部品
R&D
電子材料・部品

電子材料・部品

ハイテク技術を手のひらに

マイクロエレクトロニクス化の波が、あらゆる身近な装置や電子機器に押し寄せています。急激な技術革新のなかで、開発から実用化へのスピードはますます拍車が掛かり、ハイテク技術は手のひらサイズの製品となって次々に実用化されています。当社は、開発、試作から量産まで、多彩な配線材料開発の歴史を積み重ねてきました。
ハイテク時代の電子部品を、ユーザーニーズに応じたシステム商品として供給する。
これが、総合配線システムクリエイター、フジクラの電子部品開発のポリシーです。

部品内蔵薄型ポリイミド多層配線板

携帯電話などの電子機器に用いられているプリント配線板の内部に電子部品を実装する、部品内蔵基板の技術は、実装密度の大幅な向上・機器の小型化が可能となるため、次世代の高密度実装技術として大きな注目を集めています。本研究所では、ICウエハ上に銅の再配線を形成する技術(WL-CSP)と、多層ポリイミド配線板の技術を融合し、多層FPC内に薄型ICを実装する技術( Wafer And Board level Embedded Technology, WABE Technology®)の開発を進めています。薄型化したWL-CSPを、薄型ポリイミド多層配線板に埋め込むことで、薄さでは世界トップクラスのIC内蔵基板を実現しています。この特徴を生かし、次世代のシステムインパッケージや携帯電話用の各種モジュール基板として製品化を進めています。

IC内蔵基板の断面写真

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP