株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 世界をつなぐ
R&D
世界をつなぐ

世界をつなぐ

10Gbpsフルバンド波長可変光トランスポンダ

業界標準である300pinMSA(Multi Source Agreement)に準拠しているDWDM(Dense Wavelength Division Multiplexing)10Gb/s光トランスポンダで、シングルモード光ファイバ80kmまでの伝送が可能です。電気信号の多重・分離機能を内蔵し、光信号は10Gb/s、電気信号は622Mb/s×16bitのパラレルインタフェースとなります。

  最大の特長はチューナブルレーザダイオードを搭載し、波長可変機能を備えたことです。C-band帯もしくはL-band帯のそれぞれ88波長に対し約0.4nm(50GHz)間隔で設定することが可能で、リモートコントロールで波長を切替えます。
従来は固定波長のレーザダイオードを採用していたため、WDMシステム向けには波長が異なるレーザダイオードを搭載したトランスポンダを用意する必要がありました。本トランスポンダでは、一台で所望の波長に設定することが可能なため、光ネットワークシステム内での波長の割当てが自在となります。また、トランスポンダ一台で複数の波長に対応可能なため、通信業者での品種集約、保守物品の管理コストを軽減できるメリットも絶大です。

光スペクトル 10Gb/sフルバンド波長可変光トランスポンダ

 

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP