株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 製品情報
  3. 高圧ケーブル活線絶縁診断装置 LINDA

PRODUCTS

高圧ケーブル活線絶縁診断装置 LINDA

高圧CVケーブルの(絶縁体)(シース;防食層)の絶縁抵抗を活線状態で測定する装置です。
お見積り、導入のご相談などはこちらからお問い合わせください。
お問い合わせ

特長

  • 活線状態での測定が可能.ケーブル絶縁抵抗測定のために停電を取る必要がない。
  • 測定用電流は僅か直流50Vであるので,ケーブルを劣化させる心配がない。
  • ブリッジ法により絶縁体絶縁抵抗を測定するため、10万MΩからの高絶縁抵抗を精度良く測定可能。初期状態からのトレンド監視を行うことで、劣化の早い段階を検知し、早めの処置が可能となる。
  • 測定用電流(直流)が大地に逃げないよう、系統の接地点(GPT中性点など)には交流接地器(コンデンサ)を設置する。負荷の交流成分は大地へ流れるが,測定用電流の直流成分は装置が受け取る。

技術紹介

基本測定原理


測定方法

絶縁体絶縁抵抗 [直流重畳法]

直流50Vの測定用電流を系統のGPT(EVT)中性点から重畳し(導体→絶縁体→遮へい層)へ漏れ流れる電流にて絶縁抵抗を測定する。



シース絶縁抵抗

(遮へい層~大地)間に50Vの電圧を印可して絶縁抵抗を測定する。



適用条件
  • 特高受電の設備(特高/高圧トランスが無い場合,送電側に測定用電流が逃げてしまうため)
  • 系統にGPT・GTRを有していること(GPT/GTR中性点から測定用電流を重畳するため)

※ その他,距離・ノイズ・抵抗接地系での電流容量等の条件により適用できないケースあり


仕様

型式

LINDA-1500SV2据置自動型(自立盤とコントローラを有し,設定した間隔で自動的に測定)
LINDA-1000P可搬手動型(持運び可能.多数の系統を有するユーザ向け)



LINDA-1500SV2(自動据置型)システム概要例

 

LINDA-1500SV2装置構成
  • LINDA-1500本体盤
  • ケーブル用交流接地器
  • GPT(EVT)用交流接地器(系統内のGPT数必要)
  • GTR用交流接地器(系統内のGTR数必要)
  • コントローラおよび通信機器

LINDA用配線
  • CV 1c 8SQ (ケーブル交流接地器~本体間)
  • CV 1c 8SQ (GPT交流接地器~本体間)重畳用
  • CVV 4c 2SQ (GPT交流接地器~本体間)
  • CVV 6c 2SQ (GTR交流接地器~本体間)
  • CV 1c 8(38)SQ(GPT(GTR)~GPT(GTR)交流接地器)
  • 通信用ケーブル(本体~コントローラ間)




LINDA-1000P(手動可搬型)システム概要例

 

※LINDA-1000Pは持ち運びのできる手動測定タイプです。
 バンク毎にケーブル切換盤を設けることで,複数の配変電系統の測定が可能です.

LINDA-1000P装置構成
  • LINDA-1000P本体(測定ユニット・ACGT-1)
  • ケーブル切換盤(CSB-xx 標準:5~50回線対応)
  • GPT(EVT)交流接地器(ACG-2T:系統内のGPT数必要)
  • GTR用交流接地器(ACG-2R(10A・20A) :系統内のGTR数必要)

LINDA用配線
  • 測定線:CV 1c 8SQ(各フィーダ遮へい層~ケーブル切換盤)
  • 重畳線:CV 1c 8SQ(GPT中性点~GPT交流接地器~ケーブル切換盤)
  • 接続線:CV 1c 38SQ(GTR中性点~GTR交流接地器)[GTRの容量による]

※ケーブル切換盤~ACGT-1~LINDA-1000P間は,付属のコネクタ付き専用ケーブル使用


お見積り、導入のご相談などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

PAGE TOP