株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 製品情報
  3. エレベータケーブル

PRODUCTS

エレベータケーブル

2016年4月1日の三菱電線工業株式会社殿との産業用電線事業の統合により、
本製品は、フジクラ・ダイヤケーブル(FDC)ブランド品になります。


エレベータケーブルはエレベータの運転制御などに使用されるケーブルです。
  当社の平型ビニルエレベータケーブル(FUJIKURA FLAT)は薄型の平型構造ですので、丸型ケーブルに比べ、吊り下げU字形が小さく、省スペース用に適しています。さらにケーブルをU字状にした時の屈曲倍率(曲げ半径/ケーブルの外径)が大きく取れ、屈曲寿命に優れています。
お見積り、導入のご相談などはこちらからお問い合わせください。
お問い合わせ

エレベータケーブル

 

特長

  • 省スペース化
    薄型の平型構造であることから、丸型ケーブルに比べ、吊り下げU字径が小さくできるので、省スペース用に適しています。
  • 300万回以上のU字屈曲に耐える
    ケーブルをU字状にした時の屈曲倍率が大きく取れるため、300万回以上のU字屈曲に耐えられます。
  • ケーブルのねじれが小さい
    線心3心~6心を撚り合わせたユニットを偶数ユニット並列に配置し、各ユニットの撚り方向を左右交互に配列することにより、回転モーメントを理論上ゼロとし、ケーブルのねじれを小さくしています。
  • ケーブルの動特性
    U字径が吊り間隔より少し小さめに吊るすことにより、極めて安定したケーブルの動きとなり振れの少ない挙動となります。

仕様

代表的な品種

平型ビニルエレベータケーブル
準拠規格:JIS C 3408
定格電圧 ケーブル記号 線心数
×
導体サイズ
(㎜2)
導体構成
(No./㎜)
仕上外径
( 約 ㎜)
概算質量
(㎏/km)
補強線
外径(㎜)
最大
昇降行程
最大
ケーブル
吊下げ長(m)
自由曲げ径
(㎜)
(at 20℃)
300V FSL
(EVVF-L)
12C×0.75 30/0.18 8.0 × 24 295 80
(45)
400±50
18C×0.75 30/0.18 8.0 × 36 445
24C×0.75 30/0.18 8.5 × 39 545
30C×0.75 30/0.18 9.0 × 43 655
36C×0.75 30/0.18 10 × 47 770
40C×0.75 30/0.18 10 × 57 900
48C×0.75 30/0.18 10 × 66 1,110
60C×0.75 30/0.18 10 × 73 1,260
300V FSH
(EVVF-H)
40C ×0.75 30/0.18 9.0 × 63 1,050 2.38 200 (105) 420±50
60C ×0.75 30/0.18 10 × 83 1,460 4.0 450 (230)
* JIS 記号( E: エレベータ、 V: ビニル絶縁体、 V: ビニルシース、 F: 平形、 L: 補強線なし、 H: 補強線

 

当社ではJIS標準タイプ以外にも、ハイテクエレベータに対応した光ファイバ複合ケーブル、又高層・高速エレベータ用超多心ケーブルなど、小サイズの12心×0.75から大サイズは180心×0.75相当品まで各種タイプのエレベータケーブルの製作を行っています。


お見積り、導入のご相談などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

PAGE TOP