株式会社フジクラ

  1. Home
  2. ニュースリリース
  3. グループ内で 「福島へ行こう!」 キャンペーンをスタート

NEWS RELEASES

CSR

グループ内で 「福島へ行こう!」 キャンペーンをスタート

2015年3月19日

株式会社フジクラ(取締役社長 長浜洋一)及び当社グループは、“人にやさしい、地球環境にやさしい”企業活動を通じて、持続可能な社会の実現と継続的な企業の発展の両立を目指しています。

東北地方を中心に大きな被害をもたらした「東日本大震災」から4年が経過しました。しかし、被災地では23万人以上の方々が今もなお仮設住宅での生活を余儀なくされるなど、多くの方々が復興に向けたご苦闘を日々続けておられることに、私たちは心が熱くなってくるのを感じます。東北の被災地の皆様が一日も早くかつての生活や以前にも増した豊かさを取り戻されることを、私たちは心より願い、微力ながらもご支援を継続していきたいと考えています。

また、福島県では、震災被害に原発問題も加わり、「復興の長期化」が言われていますが、さらに福島は“消えない風評”でも苦しまれています。現在、福島県では、県を挙げて観光産業の復興を目指したキャンペーン『福が満開、福のしま。』に取り組んでおられます。私たちはこの福島県のキャンペーンを応援することで風評の払拭もできればと考え、グループ社員に向けた『福島へ行こう!』キャンペーンをスタートしました。社員には、社内イントラネットでの呼びかけに加えて、ポスターやのぼり、福島の観光パンフレット配布等で社内旅行やグループ旅行、家族旅行は「福島へ」を呼び掛けています。私たちのこのキャンペーンは、年間を通して行う予定で、四季折々の福島の美しさや素晴らしさをご紹介していきたいと計画しています。

がんばれ東北、 がんばれ福島、風評にまけるな!

PAGE TOP