CSRトップページ
CSR報告書(HTML)
トップメッセージ
特集
経営パフォーマンス
環境パフォーマンス
社会パフォーマンス
事業所・グループ会社のCSR活動
第三者意見、ご意見を受けて

CSR

CSR報告書

フジクラグループCSR報告書2011
環境パフォーマンス

環境マネジメントシステム

フジクラ地球環境憲章

前文

人類の文明は、科学技術の急速な発展とともに、飛躍的な進歩を遂げ、私たちは豊かな生活を享受できるようになりました。しかしその一方で、地球温暖化、大気のオゾン層破壊、酸性雨、熱帯林の減少、砂漠化、海洋汚染など地球レベルで環境破壊が進み、人類のみならず地球上の生命全体の存続にかかわる深刻な事態が進行しています。

この地球環境問題には複雑多様化した社会システムが深くかかわっており、企業活動がその重大な要因のひとつであることは否めません。フジクラは、私達の事業活動が地球環境と密接な関係をもつということを深く認識し、地球環境を保護するために最大の努力を尽くします。

基本理念

フジクラは、『フジクラグループ全員の努力により豊かで明るい生活を確保する』との基本方針を地球的規模に広げ、経営の最高課題のひとつとして、全社を挙げて地球環境の保全に取り組んで行きます。

行動指針

企業活動の全領域で、一人ひとりが地球環境の保全を優先して行動します。

環境活動推進体制

当社の地球環境保護活動について、CRS委員会の環境側面部会が当社グループをグローバルに統括しています。環境側面部会は、環境経営に関する審議決定機関です。部会では、年度・中期目標の策定を行なうとともに、活動推進状況をモニタリングしています。活動の推進のために、重点テーマには専門部会を設け、施策立案、対策の横展開などのサポートを行い、活動を推進しています。

フジクラグループ CSR 環境活動推進体制

フジクラグループ環境情報収集システム ECO-PASS

当社は環境負荷の低減に取り組む中で、事業活動に使用している化学物質やエネルギー消費量・廃棄物量などの環境関連情報を正確に把握し課題を明らかにして事業活動の改善につなげるため、各工場・事業所に分散している環境データを個別に収集管理してきました。

昨年度、グループ環境データ収集管理の効率化を目的として、システム化に取り組みECO-PASSの立ち上げを行いました。

また、収集した情報をグループ内で共有化し分析することにより、更なる環境負荷低減活動を進めるため、負荷状況や低減活動成果の「見える化」を行いました。

フジクラグループ環境情報収集システム ECO-PASS

法規制の遵守

環境に関する法規制や条例、協定の遵守は、環境マネジメントシステムに組み込んで取り組むと共に、結果としての遵守状況を評価しています。
2010年度の当社および国内、海外グループ会社いずれも法規制等に違反した事例はありません。