株式会社フジクラ

  1. Home
  2. CSR
  3. コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

CSR

社会

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

グループ会社の地域コミュニティ活動

国内グループ会社

第一電子工業のCSR活動

 第一電子工業は、会社で行っているグリーンカーテンを各家庭でも行ってもらおうとゴーヤ、朝顔の苗を社員にプレゼントし、グリーンカーテン作りの推進を図りました。

グリーンカーテン

■廃油石鹸の製作、配付
 第一電子工業は、6月の環境月間にあわせ、食堂厨房で発生する使用済天ぷら油で、廃油石鹸を製作し、社員に無料で配布しました。石鹸作りの容器は従業員から集めた牛乳パック、ヨーグルト・豆腐などの空き容器を使用しました。

廃油石鹸の製作、配付

廃油石鹸の製作、配付

西日本電線のCSR活動

■「こどもさんかんび」を今年も開催
 西日本電線は、今年も夏休みの7月27日に「こどもさんかんび」と題して、従業員の子どもたちを対象に、職場見学を実施しました。当日は、14家族18名の小学生の子どもたちが参加しました。

こどもさんかんび

こどもさんかんび

こどもさんかんび

■「親子でフットサル大会」を開催
  西日本電線は、地域の子どもたちにスポーツの魅力や楽しさを伝えることを目的に、9月25日に「親子でフットサル大会」を開催しました。当日は技術指導として、地元のプロフットサルチ-ム「パサジィ大分」の主力選手6名を招き、フットサル教室やミニゲームを行いました。

■事業所周辺の清掃活動に参加
 大分市が推進する「きれいしにしようえ大分推進事業」に登録し、事業所周辺の清掃活動に参加しています。清掃活動には「西電ボランティアグループ」というグループを結成し、昼休みに清掃活動を行っています。

フジクラ電装のCSR活動

 フジクラ電装は、毎年、従業員が空き缶やペットボトルを家庭から持ち寄り、リサイクル業者に売却した代金をもとに、知的障がい者施設「さくらんぼの家」の入居者の皆様にクリスマスのプレゼントを贈っています。今年も社員6名が訪問し、プレゼントを贈りました。

知的障がい者施設「さくらんぼの家」を今年も訪問

 フジクラ電装は、地元の青少年のスポーツ支援を目的に、毎年、八幡原事業所内の野球場を会場に「フジクラ電装杯少年野球大会」を開催しています。
今年も社員25人が審判や運営支援として参加しました。

少年野球大会「フジクラ電装杯少年野球大会」を開催

 フジクラ電装は、10月に本社工業団地内付近の道路の清掃、また、米沢東事業所近くの河川敷の清掃を行いました。

清掃

東北フジクラのCSR活動

 東北フジクラは、今後のインターンシップ゚や仕事を考える機会として、会社経営者や従業員から話しを聞くジョブシャドーイングを受け入れ、社長の講話、先輩の会社生活の話、ディスカッション、工場見学などを大学2年生を対象に行いました。
 また、地元の大学や高校、高専、視聴支援学校など合計8校からインターンシップの受け入れも行いました。

ジョブシャドーイング

■障害者雇用優良事業所で受賞
 東北フジクラは、法定障害者雇用率を永きに亘ってクリアできていることと、働いている方々の離職率が非常に低いことなどが認められ、平成28年度障害者雇用優良事業所として、独立行政法人「高齢・障害・求職者支援機構」より、『理事長表彰』を全国の受賞企業29社の中の1社として受賞しました。

障害者雇用優良事業所で受賞

障害者雇用優良事業所で受賞

 東北フジクラは、安全衛生活動の一環として、秋田南消防署より講師を招いて救命講習を実施しました。

普通救命講習会

青森フジクラ金矢のCSR活動

■六戸町社会福祉大会より表彰
 青森フジクラ金矢は、六戸町の社会福祉活動への一環として、毎年国民たすけあい共同募金運動に寄付を行い、町民の福祉向上に貢献しています。創業以来25年以上の寄付を行ったことにより、10月23日に、社会福祉法人より感謝状を頂きました。

協栄線材のCSR活動

 協栄線材は定期的に事業所周辺の歩道の美化活動を行っています。普段はごみ拾いが中心ですが、歩道脇の芝生にできたモグラ塚も崩して平らにし、安全面にも配慮しています。

事業所周辺の環境美化活動

■使用済み切手の収集
 協栄線材は、封書の使用済み切手を収集し、社会福祉協議会に5,350枚を寄付しました。

フジクラコンポーネンツのCSR活動

■献血活動
 フジクラコンポーネンツは、年に2回献血活動を行っています。

フジクラコンポーネンツ献血活動

フジクラコンポーネンツ献血活動

 フジクラコンポーネンツは、各拠点間の社員のコミュニケーションを図るため3拠点合同で、日帰りのバスツアー旅行を実施しました。

社員旅行

米沢電線のCSR活動

 米沢電線は、米沢地区の小学校で行われているスキー教室に、社員をスキーの指導員として派遣しました。

 米沢電線は、社員が年に2回、工業団地内の道路の清掃を実施しています。

 米沢電線は、季節に合わせた花を選んで工場内の花壇に定期的に花を植える「花いっぱい活動」を行っており、来社されるお客様に喜ばれています。

フジクラキューブのCSR活動

■廃材のリサイクル活用
 フジクラキューブは、佐倉事業所から発生する伐採樹木、竹材、剪定くずを有効利用するため、「木材粉砕機」を導入し、廃材のリサイクルを行っています。出来上がったチップは事業所内の里山遊歩道に敷きつめ、遊歩道をより快適にしています。
 また、廃材を使用して、事業所内のゴミステーションや植栽プランターも作っています。

廃材のリサイクル活用

廃材のリサイクル活用

廃材のリサイクル活用

 フジクラキューブは、佐倉事業所の花壇の整備に取り組み、季節に応じた花々の植え替えを行い、事業所の美化に努めています。

花壇の整備・維持

■知的障がい者の就労支援への協力
 特別支援学校高等部、及び地元の就労・生活支援センターからの就労希望者とその家族、及び就労支援センター担当者を対象に、事業所見学会の開催しています。また、就労希望者の職場実習の受入れも行っています。

海外グループ会社

AFL社のCSR活動

■ユナイテッドウエイキャンペーンに参加
 アメリカのAFL社(AFL Telecommunications LLC.)は、毎年4月から5月にかけてユナイテッドウエイへの募金協力を呼びかけ、キャンペーンを実施しています。キャンペーンでは寄付金がどのように役立てられているかを社員に詳しく説明したり、会社としても1ヶ月に30ドル以上の寄付者い有給休暇を付与するなどこの活動に協力しています。また、会社としてのこのような貢献が評価され、表彰されました。

ユナイテッドウエイキャンペーンに参加

ユナイテッドウエイキャンペーンに参加

■今年も苗木を配布し緑化推進
 アメリカのAFL社(AFL Telecommunications LLC.)は、世界に少しでも多くの緑を育てようと、毎年、「AFLテイクルート(植樹の意味、AFL Take Root)」という活動を行っています。今年も苗木を用意し、社員が地元の中学生に贈りました。

FAA社のCSR活動

■Forgotten Harvestのボランティア活動に参加
 アメリカのFAA社(Fujikura Automotive America LLC.)はForgotten Harvestのボランティアに参加し、社員が貧困層へ配布する野菜の袋詰めや、乾物物資の給付などを行いました。

Forgotten Harvestのボランティア活動に参加

Forgotten Harvestのボランティア活動に参加

FAAMX社のCSR活動

 メキシコのFAAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、地元の学生の将来の夢を応援しています。彼らがコンチネンタル・コンテストに出場することになったので、そのコンテストの出場の為の海外旅行費用を支援しました。

地元の学生に旅費の支援

 メキシコのFAAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、州内にある高校3校に奨学金を寄付しました。

州内の高校へ奨学金の寄付

 メキシコのFAAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、研修の最良の方法を行ったとして事業内容や業績なども含めて国から表彰を受けました。

事業活動の表彰

FAP社のCSR活動

■「National Tree Day」の活動
 パラグアイのFAP社(Fujikura Automotive Paraguay S.A.)は、6月19日の「National Tree Day(木の日)」 を記念して、環境教育の普及のため、地域の方や学校などに様々な種類の木の苗を渡しています。今年は地元の小学生と一緒に環境の大切さを学ぶ長柄気を植えました。

「National Tree Day」の活動

「National Tree Day」の活動

■第1回環境安全マネジメント会議を開催
 9月に、グローバルに事業を行っている企業に対し、EHS(環境(Environment)と健康・衛生(Health)、安全(Safety))のマネジメントに関する会議を開催し、周知徹底を図りました。

第1回環境安全マネジメント会議

第1回環境安全マネジメント会議

FAE社のCSR活動

■子供たちに教材を寄付
 スペインのFAE社(Fujikura Automotive Europe, S.A.U.)は、社員が貧しい子供たちのために学校教材を寄付しました。

子供たちに教材を寄付

子供たちに教材を寄付

 モルドバのFAE社(Fujikura Automotive Europe, S.A.U.)は、社員の成長のために、2016研修とワークショップを開催しました。この研修には社外の会社にも参加してもらい、様なざま意見交換を行いました。
 同様にドイツ、スペイン、ウクライナでも社員の成長のための研修を積極的に行っています。

社員のための研修を実施

 ウクライナのFAE社(Fujikura Automotive Europe, S.A.U.)は、工場で緊急事態が起こった時のことを想定し、消防士、医療従事者、軍隊、警察などを招いて、緊急事態訓練を行いました。

■「小さなダム」作り活動に参加
 タイ国のFETL社(Fujikura Electronics (Thailand), Ltd.)は、今年も社員が、自然環境を護るために、林の中に「小さなダム」を作る活動に参加しました。

「小さなダム」作り活動に参加

「小さなダム」作り活動に参加

■マングローブの植林活動に参加
 タイ国のFETL社(Fujikura Electronics (Thailand), Ltd.)は、環境保全に向けた活動を推進するため、マングローブの植林を行いました。政府の環境部門の協力のもと、ナワナコンやアユタヤなどFETL社の多くの工場がこの活動に参加しています。

マングローブの植林活動に参加

マングローブの植林活動に参加

■寺院の清掃と寺院内の遊具の補修
 タイ国のFETL社(Fujikura Electronics (Thailand), Ltd.)は、寺院の清掃とその寺院内にある遊び場へ遊びに来る子供たちのために、遊具の補修を行いました。

寺院の清掃と寺院内の遊具の補修

寺院の清掃と寺院内の遊具の補修

寺院の清掃と寺院内の遊具の補修

FATL社のCSR活動

■献血活動
 タイ国のFATL社(Fujikura Automotive (Thailand) Ltd.)は、毎年献血を行っています。今年も多くの社員が参加しました。

FATL社の献血活動

FATL社の献血活動

 タイ国のFATL社(Fujikura Automotive (Thailand) Ltd.)は、快適な職場を維持するため、年に1度社員全員で大掃除の日を決めて、職場や工場周辺の清掃を実施しています。

FATL社の大掃除

FCH社のCSR活動

 中国のFCH社(Fujikura (China) Co., Ltd.)は、日本の熊本地震に対して中国のグループ会社13社及びその社員から合わせて61,555元(約1百万円)の義捐金が集め、上海領事館を通して日本政府宛てにその義捐金を送金しました。

FCH社のCSR活動

■技能五輪への支援
 中国のFCH社(Fujikura(China)Co., Ltd.)は、中国で行われた「Information Network Cabling」(情報ネットワーク施工)へ公式通訳者(日本語・英語・中国語)を派遣し、サポートを行いました。

FAGL社のCSR活動

 中国のFAGL社(Fujikura Automotive Guangzhou Co.,Ltd.)は、毎年1回老人ホームを慰問し、入居者の方とのコミュニケーションを図っています。

老人ホームの慰問

 中国のFAGL社(Fujikura Automotive Guangzhou Co.,Ltd.)は、毎年献血活動をを行っています。今年は過去最高人数の参加がありました。

献血を実施

 中国のFAGL社(Fujikura Automotive Guangzhou Co.,Ltd.)は、工業団地内の共通道路の清掃を社員が毎日自主的に行っています。

道路の清掃活動

KFH社のCSR活動

■外資企業徒歩大会に参加
 中国のKFH社(Fujikura Hengtong Aerial Cable System Ltd.)は、6月に開催された外資系企業の徒歩大会に参加しました。

外資企業徒歩大会に参加

外資企業徒歩大会に参加

 中国のKFH社(Fujikura Hengtong Aerial Cable System Ltd.)は、工場周辺地域の道路を清掃してくれる清掃員を労いました。暑い中、清掃しているところを慰問し、飲み物を配布しました。

■太湖周辺のゴミ拾い
 中国のKFH社(Fujikura Hengtong Aerial Cable System Ltd.)は、9月に太湖周辺のゴミ拾いを実施しました。

太湖周辺のゴミ拾い

太湖周辺のゴミ拾い

PAGE TOP