株式会社フジクラ

  1. Home
  2. CSR
  3. 環境長期ビジョン2050

CSR

地球環境への決意

環境長期ビジョン2050

「フジクラグループ環境長期ビジョン2050」制定

 フジクラグループCSR委員会は、フジクラグループ地球環境委員会他の提言を受けて、2016年7月19日に「フジクラグループ環境長期ビジョン2050」を制定し、未来に向けた取り組みをスタートしました。

フジクラグループ環境長期ビジョン2050

2016年7月19日制定

 フジクラグループは、1885年の創業以来、電線ケーブル、電子配線部品、自動車電装部品など“つなぐ”テクノロジーを通じ顧客の価値創造と社会に貢献して参りました。加えて、2009年より、人にやさしい、地球環境にやさしい企業グループとして、持続可能な社会の実現に向けた「企業の社会的責任」(CSR)の取り組みを進めています。
 経済協力開発機構(OECD)等国際機関の予測では、地球環境は今、危機的な状況に向かいつつあります。温室効果ガスによる気候変動に起因する異常気象は、私たちの日常生活への脅威となり、また人口増加や経済活動の増大と共に水不足や資源枯渇、深刻な大気汚染、生物多様性の劣化など、環境問題は広範囲にわたり、地球規模で深刻化しています。
 このような現状を踏まえ、グローバルに事業を進めるフジクラグループは、地球市民の一員として、2050年の未来を見据え、環境負荷の最少化に向けた「4つのチャレンジ」に取り組みます。
 さらに、“第4の創業”を迎える2065年には、グループの環境負荷削減を進めて、地球環境への負荷をゼロから、さらにマイナスへのチャレンジ(地球環境にプラス効果)を進めて参ります。

フジクラグループ環境長期ビジョン2050

PAGE TOP