CSRトップページ
藤倉学園
事業概要とCSR
環境
消費者課題
人権、労働慣行
コミュニティ参画・発展
組織統治
公正な事業慣行
CSR統合報告書
CSR統合報告書(HTML)
グループ各社のCSR活動の紹介

CSR

藤倉学園

大島藤倉記念館
藤倉学園貢献の歩み フジクラ120周年記念事業 大島藤倉学園「本館・自立棟」建設に寄付金 藤倉学園を訪れて
社会福祉法人 藤倉学園
創立 1919年(大正8)6月
理事長 大橋一彦
事業内容 知的障がい者更生施設(大島藤倉学園)
知的障がい児施設(多摩藤倉学園)
沿革
1919年(大正8)6月
財団法人藤倉学園創立。(創立記念日 大正8年6月7日)
藤倉電線役員 中内春吉がの寄付金23万円及び土地約3万坪の資金を託し、川田貞治郎が開設。
1952年(昭和27)5月
社会福祉事業法に基づき、財団法人藤倉学園は社会福祉法人 藤倉学園に組織変更。
(法人認可 昭和27年5月17日、登記 昭和27年5月29日)
1958年(昭和33)1月
八王子市美山町1230番地に多摩藤倉学園設置、認可される。園長に理事 川田仁子就任。(昭和33年1月23日)
上記に伴い、大島の施設を大島藤倉学園と名称変更。