株式会社フジクラ

  1. Home
  2. CSR
  3. ガイドライン対照表

CSR

データ対照表

ガイドライン対照表

CSR活動指針対照表

項目 CSR活動指針の項目 開示項目
1.誠実な企業活動
1.1 各国・各地域の法令、ルール及びそれらの精神を遵守し、誠実な企業活動を行います。また、社会の一員であることを自覚し、倫理観及び社会的良識をもって行動します。 ・CSRの考え方と取組み
・コーポレート・ガバナンス
・リスクマネジメント
・クオリティファースト
・知的財産
・輸出管理
・独占禁止法の遵守
・腐敗防止
・国連グローバル・コンパクトの取組み
1.2 お客様の立場に立ち、有用かつ安全で品質の高い製品及びソリューションを提供することにより、「お客様満足度」の維持・向上に努めます。 ・フジクラグループ経営理念MVCV
・顧客視点の品質管理
・クオリティ方針、社外からの表彰
・品質保証体制
・品質マネジメントシステムISO9001の取得状況
・品質状況
・製品安全への対応
  情報の開示とコミュニケーション
・品質管理教育と小集団活動
  小集団活動
  グローバルフジクラ改善発表会
  海外現場力育成学校 今年も開講
・事業継続計画(BCP)について
1.3 自由でオープンな競争のもと、公正で透明な取引を行います。 ・フジクラグループ調達基本方針
・フジクラグループ調達ガイドライン
・パートナーズミーティング
1.4 政治、行政並びに市民及び各種団体と健全かつ正常な関係を維持します。 ・コーポレート・ガバナンス
・腐敗防止
・産業団体との関わり
1.5 自社及びお客様にかかわる情報の管理・保護の徹底に努めます。 ・情報セキュリティ
・情報セキュリティの基本方針
2.環境への配慮
2.1 各国・各地域の環境規制を遵守するとともに、自主的な管理基準を設定し、その維持・向上に努めます。 ・フジクラグループ地球環境憲章
・「フジクラグループ環境長期ビジョン2050」制定
・法規制の遵守
・フジクラグループ環境管理活動指針
・環境監査
・環境負荷削減の取り組み
・廃棄物の削減
・化学物質の管理・削減
・VOC管理
・グリーン調達・グリーン購入
・水リスクへの対応
2.2 製品の開発、設計、調達、生産、施工、販売、物流、廃棄に至るすべての事業活動における環境負荷の低減を推進し、地球環境と調和の取れた持続可能な社会を目指します。 ・フジクラグループ地球環境憲章
・フジクラグループ環境管理活動指針
・環境ISO承認取得状況
・環境配慮型製品の拡大
・グリーン製品、グリーンマインド製品
2.3 環境に配慮した技術革新の推進と環境に優しい製品づくりを行うとともに、お客様に対して、製品の適切な使用方法、再資源化、廃棄方法などの情報を提供します。 ・環境活動推進体制(環境側面専門部会)
・環境配慮型製品の拡大
・製品含有化学物質管理
・環境・分析センター
・環境教育、環境監査
2.4 各国・各地域において、環境保全活動への積極的な参画を行い、広く社会に貢献します。 ・フジクラグループ地球環境憲章
・グループ会社の環境取り組み活動
・廃棄物削減
・ゼロエミッション
・マイカップ・マイボトル、エコキャップ
・環境ISO14001認証取得状況
・グループでライトダウンキャンペーン
・数字でわかるグループの活動(環境)
・グループの環境活動情報(リスト)
2.5 地球環境における生物多様性の重要性を認識し、生態系保全に努めます。 ・生物多様性確保ガイドライン
・生物多様性長期ビジョン・ロードマップ2030
・「千年の森」による生物多様性への取り組み
・地域に向けた「ビオトープ説明会」の開催
3.人間の尊重
3.1 グループの企業活動にかかわるすべての人の安全を確保し、働きやすい職場環境の維持・向上に努めます。 ・安全衛生活動、主な活動内容
・安全衛生管理および倫理的配慮
・フジクラグループ安全衛生基本方針
・大震災に備える
・労働安全衛生マネジメントシステムへの取り組み
・健康経営
・メンタルヘルスへの取り組み
3.2 すべての社員が自主性と創造性を十分発揮できる、差別のない、明るい職場作りを目指します。 ・ダイバーシティ
・基本理念・方針、中長期ビジョン
・女性の活躍推進
・障がい者雇用
・外国人社員の登用
・フジクラアカデミーの人財育成
・特例子会社フジクラキューブ
3.3 社員の機会均等及び仕事と私的生活との調和に努めます。 ・ワーク・ライフ・バランス
・ダイバーシティの取り組み
・女性の活躍推進
3.4 すべての人の人権を尊重し、強制労働・児童労働などの人権侵害を絶対に許しません。 ・フジクラグループ人権方針
・英国現代奴隷法ステートメント
・人権の尊重の基本理念・方針
・CSRに関する調達先への要望事項
・国連グローバル・コンパクトの人権
・「世界人権デー」キャンペーン
・紛争鉱物の不使用方針
4.社会との調和
4.1 各国・各地域の文化や慣習を尊重し、積極的に社会貢献活動を行います。 ・フジクラグループ社会貢献方針
・国内事業所、グループ会社のCSR活動
・数字でわかるフジクラグループのCSR活動
4.2 すべてのステークホルダーに対し、広くコミュニケーションを行うことにより、健全な関係の維持発展に努めます。 ・情報開示とコミュニケーション
・ステークホルダーの特定と情報発信
・ステークホルダーとコミュニケーション
・ステークホルダー・ダイアログ
・「ビオトープ説明会」開催
4.3 適時適切に企業情報の積極的な開示を行います。 ・トップメッセージ
・情報開示とコミュニケーション
・ステークホルダーの特定と情報発信
・ステークホルダー別情報発信一覧
・会社概要
・財務情報
・研究開発
・「20中期」策定

PAGE TOP