CSRトップページ
藤倉学園
事業概要とCSR
環境
消費者課題
人権、労働慣行
コミュニティ参画・発展
組織統治
公正な事業慣行
CSR統合報告書
CSR統合報告書(HTML)
グループ各社のCSR活動の紹介

CSR

グループ各社のCSR活動の報告

Japan

2015

2015

フジクラのビオトープで今年も子供達の芋掘り実施

11月16日、真っ青な秋晴れの下、ビオトープ「フジクラ 木場千年の森」の畑で、今年も近くの幼稚園の園児たちをお招きし、サツマイモの芋掘りを行いました。この芋掘りは、自然が少ない東京都心で、未来を担う子供達に自然に親しんでもらうことを目的に毎年行っています。子供たちは瞳を輝かせて、「せんせい、おおきいのがとれた!」とあちらこちらで歓声をあげていました。今年も子供達の手でたくさんのサツマイモがとれました。

芋掘り

芋掘り

芋掘り



2014

フジクラ(佐倉事業所)

保護者のいない子供たちと親善野球試合

フジクラ佐倉事業所の野球部は、先日10月26日、近くの児童養護施設「蛍雪学園」の野球部の子供たちと試合を行いました。この学園は、保護者のいない児童や養護を必要とする2才から18才までの男女40名が在園しています。この学園の野球部員は16名。千葉県児童福祉施設球技大会で優勝するなど強豪チームです。学園のOBから『練習試合が少ないので子供たちと試合をしてほしい』の要望で今回の試合が実現しました。佐倉事業所に到着した子供たちは、工場の大きさ、グランドの広さに感激していました。挨拶をしていよいよ試合開始。子供たちは勢いよくベンチを飛び出しました。学園側のバッテリーは、ピッチャーが中学1年生、キャッチャーが高校2年生でなかなかの強肩です。内野手や外野手は小学生ですが、たいへん上手です。子供たちは『セカンドいくぞう!』と大声で応援していました。試合は2時間を超え、フジクラ野球部が1点リードした最終回に蛍雪学園が逆転サヨナラ勝ちで熱闘の幕を閉じました。最後に子供たちへお土産のプレゼント。澄み渡った秋空の下、学園の元気いっぱいの子供たちと楽しいひと時を過ごしました。

親善野球試合

親善野球試合

親善野球試合

フジクラ(本社)

「コーポレートゲームズ東京 2014」のリレーマラソンで優勝

フジクラは、9月27日、東京の湾岸エリアで開催された「コーポレートゲームズ東京2014」に参加しました。この大会は『ひとりひとりがヒーロなんだ』をコンセプトに幅広い個人や団体が参加し、新しい人と社会のつながりをスポーツを通して楽しみながら作っていこうとする活動です。このマルチスポーツイベントには、13競技約6000人が参加しました。

このイベント競技の一つの「リレーマラソン」に、当社から3チーム20名が参加しました。この「リレーマラソン」は、フルマラソン42.195kmをチーム全員が交代で走りタイムを競う競技です。当日はお天気に恵まれた穏やかな秋空の下、和気あいあいと笑顔と共に全員で走り終えました。結果は 、5人の部のAチームが1位、8人の部では、Bチーム14位、Cチーム34位と健闘しました。

リレーマラソン

リレーマラソン

リレーマラソン

フジクラ(佐倉事業所)

家族や地域の方も参加して「納涼大会」を開催

盛夏の8月7日、フジクラ佐倉事業所(千葉県佐倉市)は、地域コミュニティの方も参加し一緒に楽しむことができる「佐倉事業所 納涼大会」を開催しました。この「納涼大会」は、従業員はもちろんのこと、その家族、また地域の皆様にも開放され自由に参加することができます。事業所の敷地内に設けられた特設ステージでは、和太鼓によるパフォーマンスや歌手、お笑い芸人によるショーも行われ、会場は多くの笑顔で包まれました。また、夜の訪れと共に照明が落とされて真っ暗となった会場では、納涼大会の最後の催しとして花火大会が開催されました。一斉に花火が上がり、夜空を飾る花火の美しさに時間の立つのも忘れて、参加者たちの歓声が響いていました。

納涼大会

納涼大会

納涼大会

西日本電線

「こどもさんかんび」を開催

西日本電線(大分県大分市)は、(1)子どもたちの職業観醸成の支援、(2)ワークライフバランスを考える、(3)社内活性化、を目的に「こどもさんかんび」を夏休みの1日(8月28日)を使って開催しました。当日は、1年生~5年生までのお子さん7名が参加し、工場見学やお父さんの職場見学、お仕事のお手伝い(職場での作業体験)などを行ないました。お父さんの働く姿に、「お父さんかっこいい」などの子どのたちの感想がありました。

フジクラ(沼津事業所)

近隣企業と千本浜海岸を清掃

6月9日、フジクラ沼津事業所は、事業所近くの駿河湾「千本浜海岸」での清掃活動を行いました。この活動は、当社を含む近隣の3企業の環境活動の一つとして毎年この時期に実施しているものです。

当社からは、新入社員実習生9名と海外現場力実習生2名を含む社員13名、3社を合わせると総勢約50名が参加しました。当事業所は、今後も地域コミュニティの一員として、社会貢献活動を積極的に行い、地域コミュニティの皆様から大切にされ、必要とされる事業所を目指していきます。

フジクラ(本社)

「ビオト-プ説明会」開催

東京木場にあるビオトープ「フジクラ 木場千年の森」で5月28日、社員が交代で説明スタッフを務め、今回で3回目となる「ビオト-プ説明会」を開催致しました。この日は、夏を思わせる記録的な暑さの中でしたが、地域の方々などを中心に100名を超えるご来場を頂きました。ご来場の皆様には、ビオトープの説明や「千年の森」の生きものたちを紹介するパネルをご覧頂いたり、生きものチェックシートを片手に園内の生きものたちをご覧頂きました。私たちは、この活動を通して、地球の温暖化で絶滅が進んでいる生きものたちへの保護を通して生物多様性保持の大切さを伝えました。