CSRトップページ
藤倉学園
事業概要とCSR
環境
消費者課題
人権、労働慣行
コミュニティ参画・発展
組織統治
公正な事業慣行
CSR統合報告書
CSR統合報告書(HTML)
グループ各社のCSR活動の紹介

CSR

グループ各社のCSR活動の報告

Asia

2014年度

FETL(タイ)

子供の日に地域の活動に参加

2015年2月15日にFETL社(Fujikura Electronics(Thailand)Ltd.)カビンブリ(Kabinburi)工場の社員30名が、次世代を担う子供たちの健やかな成長を願うCSR活動の一つとして、タイ国の「子供の日」の地域コミュニティの活動に参加しました。社員たちは、プレンゼントを贈ったりして子供たちとの楽しいひと時を過ごしました。また、この活動は、カビンブリ工場と地域コミュニティとの連携を強くすることにも大変役立ちました。

FETL(タイ)

タイの自然保護で「小さなダム」作り活動に参加

FETL社(Fujikura Electronics(Thailand),Ltd.)のカビンブリ(Kabinburi)工場の有志82名は、昨年12月14日にCSRの環境活動の一環として、タイ国の自然を護るために、林の中に「小さなダム」を作る自然保護活動に参加しました。この活動に参加した社員たちは、環境を守る意識を高めるだけでなく、社員同士のコミュニケ―ションを高めることにも大変役立ちました。

DDK-T(タイ)

学校に焼却炉を寄贈

DDK-T(DDK(THAILAND)Ltd.)社は、青少年教育支援活動の一つとして、タイ国アユタヤ県のノオン・ボウー(Nhong-bour)小学校に、ゴミ焼却炉を寄贈しました。この活動には、社員6名が参加し、ゴミ焼却炉設置工事など(日本円に換算して)約20万円を贈り、学校施設の充実に協力しました。

DDK-T(タイ)

自然保護活動の取り組み

DDK-T(DDK(THAILAND)Ltd.)社は、2月に自然環境保護活動の一環として、社員50名が参加して、タイ国の森林火災の発生を防止する活動に参加しました。社員たちは、豊かな自然を護るために、森林の下草の除去や枯葉の清掃などの作業を行いました。



2013年度

FCH(中国)

藤倉大志希望小学校に教育設備等を寄贈

11月8日、Fujikura (China) Co., Ltd.(FCH)などの中国のフジクラグループ企業は、今年も安徽省六安市舒城県にある「藤倉大志希望小学校」を訪問し、子供たちの教育支援のための設備贈呈の式典に参加しました。

この藤倉大志希望小学校は、2007年にFujikura Electronics Shanghai Ltd. (FESL)の海津社長(当時)の尽力により設立された小学校です。以来、中国のフジクラグループ企業のCSR活動の一つとして、毎年、教育設備の改善や補修、また生徒の皆さんへのプレゼント贈呈を行なってきました。

今年は、子供たちの安全確保の為の監視カメラの設置と、子供たちへの文房具セットの贈呈を行ないました。