CSRトップページ
藤倉学園
事業概要とCSR
環境
消費者課題
人権、労働慣行
コミュニティ参画・発展
組織統治
公正な事業慣行
CSR統合報告書
CSR統合報告書(HTML)
グループ各社のCSR活動の紹介

CSR

グループ各社のCSR活動の報告

America

2015年度

FAP(パラグアイ)

作業中の怪我防止の取り組み

パラグアイのFAP社(Fujikura Automotive Paraguay)は、年間を通じて、保護具の使用の重要性について社内で研修を行っています。また、新入社員が入社するとPPE(個人用保護具)の使用の重要性についての指導をしています。

FAMX(メキシコ)

職業訓練センターへ機械・設備の寄贈

メキシコのFAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、社会貢献活動の一つとして、国立職業訓練センター(Centros de Capacitacion para el Trabajo Industrial: CECATI)に機械・設備を寄贈しました。

職業訓練センターへ機械・設備の寄贈

FAMX(メキシコ)

大気汚染に対する取り組み

メキシコのFAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、大気汚染の改善を目的としたクリーントランスポートプログラムに社員全員で参加しています。

大気汚染に対する取り組み

FAMX(メキシコ)

教育機関に対して備品の寄贈

メキシコのFAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、学校の図書館で使用する子供用椅子の寄付を行いました。その他にも新学期に合わせて、事典、辞書、物語の本などの寄贈も行っています。

教育機関に対して備品の寄贈

FAMX(メキシコ)

健康フェアの推進

メキシコのFAMX社(Fujikura Automotive Mexico)は、社員とその家族の病気予防のための健康キャンペーンを行っています。これは、さまざまな病気予防のため、年間14のキャンペーンを開催しています。

健康フェアの推進

健康フェアの推進

AFL(米国)

今年も苗木を配布し緑化推進

米国のAFL社(AFL Telecommunications LLC.米国サウスカロライナ州)は、世界に少しでも多くの緑の木々を育てようと、毎年、「AFLテイクルート(植樹の意味です)」という活動を行っています。AFL社は、この活動を過去5年に亘り、毎年行ってきました。この「AFLテイクルート」活動で、用意したサクラなどの苗木を地元の小学校の子供たちに贈りました。目標は、5000本の植樹です。

AFL(米国)

ハビタットの活動に参加し、社員で家を建築

米国のAFL社(AFL Telecommunications LLC.米国サウスカロライナ州)は、国際支援団体「ハビタット・フォー・ヒューマニティ(Habitat For Humanity)」の一員としてCSR活動に参加しています。この団体は、途上国を中心に、貧困や劣悪な住まいの問題を解決し、人々に希望を築いてもらおうとするもので、世界約80ヶ国で活動し、支援を受ける人々と世界中のボランティアとが一緒に住居の建築や自立支援の活動に取り組んでいます。AFL社は、2014年にこの活動に参加し、社員が力を合わせて地元に「AFLハウス」という名前の家を建てました。



2014年度

AFL(米国)

AFL、社員の家族も参加して30周年イベントを開催

米国の通信及び電力関連製品の製造・販売を行っているグループ会社AFL(AFL Telecommunications LLC.米国サウスカロライナ州)では、設立30周年を記念し、10月13日(月)の午後5時から8時まで、社員とその家族を招いて、ファミリーイベント『AFL Fall Festival』を開催しました。会場となったAFLの社員用の駐車場(屋外)では、食事と共に子供たちが楽しく遊べる遊戯施設が用意され、みんなで楽しい一時を過ごしました。

AFL 30周年イベント

AFL 30周年イベント

AFL 30周年イベント

FAA(米国)

「子供におもちゃを」のチャリティ活動に今年も参加

子供は、未来を担う大切な人材です。FAA社(Fujikura Automotive America LLC、米国)Novi事務所の社員は、USMCR(United States Marine Coros Reserve)が後援するチャリティ・プログラム『子供におもちゃを(Toys For Tots)』の活動に今年も参加しました。
このプログラムでは、ホリデーシーズンに恵まれない子供たちに贈り物を届けて喜んでもらおうとするもので、これらの子供たちが「人から受けた優しい心(親切)を“また次へと渡す”ことで、世の中をもっと良くする大人に成長してもらう」を願う活動です。今回も、社員たちが持ち寄ったおもちゃで、プレゼント用の箱が一杯になりました。

私たちは、良き企業市民として、これからもコミュニティにおける社会的責任を活発に担ってまいります。